英検対策ができるオンライン英会話のレベル別おすすめをご紹介!

英検対策ができるオンライン英会話おすすめ紹介!

英検対策のスピーキングを練習したいけれど、練習相手がいないので困っていませんか。

オンライン英会話は英検対策として有効です!

オンライン英会話には英検対策コースがあるサービスもあります。
スピーキングに加えてリスニングの練習にもなります。
サービスによってはライティングの添削をしてくれるところも。

こちらの記事ではこちらの内容を扱います。

  • オンライン英会話を選ぶ際のポイント
  • 3つのおすすめオンライン英会話の紹介
  • 英検レベル別おすすめオンライン英会話
  • 英検を受けるメリット
  • 英検の各級で求められる英語力
  • 英検に関するよくある質問
  • オンライン英会話で英検対策をする際によくある質問

こちらの記事を読むことで、英検におすすめなオンライン英会話が分かります。

関連記事

「オンライン英会話ってたくさんあるけど、結局コスパが良いのはどれなの?」と思っている方は多いのではないでしょうか。 基本的にオンライン英会話は料金が安いサービスが多く、どれを選んでも同じなように見えてしまいますよね。 しかし、実[…]

安いけど高品質!コスパ最強のオンライン英会話
関連記事

この記事では、実際にオンライン英会話を複数使用してきた筆者が、大手オンライン英会話16社の料金一覧や、実際に始める際に必要になる費用相場などの情報を詳しくまとめてみました。 記事を読むことで「オンライン英会話で考慮すべき費用の項目」「[…]

オンライン英会話 16社の料金比較
目次

英検対策をするオンライン英会話を選ぶ際のポイント

ポイント

オンライン英会話を選ぶ際に気をつけるべきポイントはこちらの8点です。

  1. 対象のコースが存在するか
  2. 無理のないスケジュールを組めるか
  3. サポート体制は整っているか?
  4. レッスンの予約は取りやすいか
  5. 自習用のコンテンツが充実しているか
  6. レッスン料金は負担がかからない金額か
  7. 講師のクオリティは高いか
  8. システムは使いやすか

順番に解説します。

①対象のコースが存在するか

オンライン英会話で英検の対策をするにあたって、対象となるコースが存在するのかはかなり大きなポイントです。
英検の対策コースが設けられているスクールは多くないからです。

多くのオンライン英会話ではTOEICの対策コースは存在しますが、英検とは内容が違います。

対象のコースが存在しなくても日常英会話の練習にはなります。
とはいえ英検に特化したレッスンを受けたほうが上達することは確かです。

英検対策コースの有無の確認は当然ですが、自分が求めているレッスンを受けられるか、しっかりと確認しましょう。

②無理のないスケジュールを組めるか

無理のないスケジュールを組む事は大切です。
ある程度余裕をもったスケジュールを組まないと途中で挫折するからです。

スケジュールを入れすぎる人は期限を決めたいマジメな人に多いです。
予期せぬ予定が入って当初の予定は崩れてしまうものです。

オンライン英会話で英検対策をする場合は、無理の無い予定を組みましょう
スケジュールを無理に入れてしまうと、友人の誘いや残業でレッスンが進まずストレスを感じてしまいます。

スケジュールは予定通りいかないものなので、幅をもたせることが大切です。

③サポート体制は整っているか?

オンライン英会話を探す上でサポート体制は重要なチェック項目です。
英検の勉強は数ヶ月続きます。
オンライン英会話とは長い付き合いになるので、講師や教材の気になった点を確認する窓口は重要

レッスンの安さだけで入会すると、サポート体制の不備でトラブルが発生することも。
ポイントは、トップページにサポート体制について言及があるかどうか

企業のトップページはその会社の「知ってほしい情報・力を入れているサービス」を詰め込んでいます。
オンライン英会話でも同じなので、トップページにサポート体制について記載があるかチェックしましょう。

④レッスンの予約は取りやすいか

オンライン英会話を受けるにあたって、レッスンの予約の取りやすさはかなり重要です。
オンライン英会話のメリットの1つは「いつでもレッスンを受けられる」ことだからです。

仕事終わりや授業終わりに予約が取れなかったらストレスですよね。

利用する前に利用する予定時間のレッスンの受けやすさや講師の数は確認しましょう。

⑤自習用のコンテンツが充実しているか

オンライン英会話のレッスンだけでは英検の対策としては物足りません
1回およそ25分のレッスンを毎日続けても、1週間でおよそ3時間にしかならないからです。
そのうちスピーキングとリスニングを半分ずつした場合、1時間半になります。

英検で目標のレベルに到達するために必要なことはレッスン外の使い方。
塾だけで勉強をしても成績が上がらないのと同じように、レッスンだけではレベルは上がりづらいのです。

メルマガや動画コンテンツ、ダウンロード資料などが準備されていれば、レッスンの時間外で勉強ができます。
オンライン英会話は講師の質やレッスンの内容はもちろん重要ですが、それ以外のコンテンツの内容も重要です。

⑥レッスン料金は負担がかからない金額か

オンライン英会話で英検の対策をするにあたって、レッスン料金は非常に大切です。
無理が出る金額で利用するとストレスをためるからです。

オンライン英会話の月額料金はさまざま。
高いスクールは講師の質や各種インフラが整っているイメージです。

とはいえ月額料金が2倍違うからと言って学習効率が2倍良いわけではありません。

自分のお財布事情を考慮した上で、無理の無い範囲のスクールを選びましょう

⑦講師のクオリティは高いか

講師の質はオンライン英会話を継続するうえで非常に重要なポイントです。
講師の質が低ければ学習効率が非常に悪くなるからです。

現在はほとんどのオンライン英会話の講師はきちんとしています。
なぜなら悪評がつくとSNSで拡散されてすぐサービスを継続できなくなるからです。

とはいえ評判が良くて講師のクオリティが高いオンライン英会話でも一定割合で自分と合わない講師が存在します

その場合は、「次回から予約を取らない」という対策を取れますが、授業があまりに低品質だったりトラブルに発展した場合は運営に相談しましょう。

オンライン英会話の中には塾のように担任がつくスクールもあります。
本人の弱点や克服してきたことも把握しているので、適切なアドバイスを受けることができます。

⑧システムは使いやすか

オンライン英会話ではスカイプ(Skype)という無料のアプリケーションを利用している会社と、独自のシステムを利用している会社に分かれます。
スカイプはオンライン英会話で昔から使われているアプリケーションです。
スカイプは会話や簡単なチャットなら問題なく行なえます。

月額料金を安くするためにスカイプを利用しているオンライン英会話もありますが、スカイプは無料が故に時折通信が悪くなったり音声が途切れたりする問題もあります。

独自アプリの場合は、それぞれのオンライン英会話の環境に特化した作りになっています。
それぞれのオンライン英会話の授業を行うのに最適の環境になります。

デメリットはダウンロードしないといけない点や、使い慣れるまで少し時間がかかるところ。

多くの場合は無料体験でも独自アプリを使うことになるので、その時の使い心地で判断しましょう

英検対策をオンライン英会話でするならこの3つ!

こちらでは、英検対策でおすすめするオンライン英会話を3つ紹介します。
具体的にはこちらです。

  1. DMM英会話
  2. 産経オンライン英会話Plus
  3. Mytutor

順番に解説します。

1位 DMM英会話

DMM英会話

【おすすめポイント】

  • 世界117国から集めた豊富な講師陣
  • 合格率5%の厳しい面接を通過した精鋭ぞろい
  • 日本人講師が在籍

DMM英会話は合同会社DMM.comが運営する英会話スクール。

世界約120カ国から集められた講師陣が在籍しているのが特徴。
世界中の講師を揃えているので、24時間レッスンが可能です。

講師はDMM英会話のスタッフが直接現地に赴いて採用しています。
合格率5%の厳しいテストをパスした精鋭揃い。

英語を教える技術だけでなく人柄を重視して採用しているので、授業で不快な思いをすることはないでしょう
日本人講師も在籍しているので初心者にも安心です。

入学にかかる費用 無料
授業料 (税込)6,480円~
1回あたりの授業料 (税込)168円~
教材費用 無料
レッスンの方法 マンツーマン
講師の国籍 世界約120カ国の講師
日本人講師 在籍
レッスン内容 日常英会話/英検対策 など
無料体験レッスン アリ(2回分)

2位 産経オンライン英会話Plus

産経オンライン英会話Plusのホームページ

【おすすめポイント】

  1. 講師は外国人、ネイティブ(日本人)、日本人から選べる
  2. 目的に合わせた750以上のレッスンを用意
  3. 国内オンライン英会話で初めて教育ISOを2種類取得

産経オンライン英会話Plusは産経ヒューマンラーニング株式会社が運営するオンライン英会話サービスです。
オンライン英会話では後発組ですが、高い品質と安い料金で徐々に知名度を上げています。

講師はフィリピン人を中心とする外国人、海外在住が長い日本人、そして日本人が在籍しています。
受講者それぞれの状況に応じて講師を選ぶことができます。

レッスンに関しては目的に合わせた750以上のレッスンを用意している他、国内オンライン英会話では初めてとなる「教育ISO」を取得
自治体や大手企業に導入実績があるので、安心して利用できます。

入学にかかる費用 無料
授業料 (税込)4,620円~
1回あたりの授業料 (税込)195円~
教材費用 無料
レッスンの方法 マンツーマン
講師の国籍 外国人(フィリピン人が中心)、日本人
日本人講師 在籍
レッスン内容 日常英会話/英検対策 など
無料体験レッスン アリ(4回分)

3位 Mytutor

mytutor

【おすすめポイント】

  1. オンライン英会話4技能対策No.1
  2. 講師は全て正社員
  3. 担任制のシステム、講師を固定できる

Mytutorは株式会社エー・エム・アイ・キャピタルという日本の会社が運営するオンライン英会話サービス。
オンライン英会話では珍しい全て正社員の講師によるサービスです。

1レッスンあたりの単価は高いですが、オンライン英会話4技能対策No.1を獲得するなど、品質には定評があります。

講師はオフィスに出勤し、レッスンはオフィスから行われます。
オンライン英会話にありがちな「回線が途切れる」という問題が発生しません

担任制のシステムを採用しており、マンツーマンで英会話や英検の能力向上をサポートしてくれます。

入学にかかる費用 無料
授業料 (税込)6,980円~
1回あたりの授業料 (税込)600円~
教材費用 無料
レッスンの方法 マンツーマン
講師の国籍 フィリピン人が中心
日本人講師 在籍せず
レッスン内容 日常英会話/英検対策 など
無料体験レッスン アリ(2回分)

英検レベル別おすすめオンライン英会話

英検対策でオンライン英会話を受けるなら、自分のレベルにあったスクールを選ぶべきです。
いきなりハイレベルなスクールに入会して挫折するのはもったいないからです。

こちらではレベル別にこちらのオンライン英会話を紹介します。

  1. 英検を初めて受ける(5~4級)小学生ならハッチリンクジュニア
  2. 英検3級対策ならhanaso
  3. 英検準2級対策ならMytutor
  4. 英検2級対策ならECCオンラインレッスン
  5. 英検準1級対策ならDMM英会話
  6. 英検1級対策ならベストティーチャー

順番に解説します。

英検を初めて受ける(5~4級)小学生ならハッチリンクジュニア

ハッチジュニア HP

【おすすめポイント】

  1. 子供向けオンライン英会話スクール満足度No.1
  2. 3歳から18歳までの子供専門のオンライン英会話
  3. 1アカウントで家族もレッスンを受けられる

ハッチリンクジュニアは3歳から18歳までの子供の英語教育に特化したオンライン英会話です。

英語を知らない日本人の子供を教えることに特化した講師陣が揃っています。
講師は合格率5%の厳しい採用基準をクリアして、ハッチリンクジュニア独自のプログラムを修了した優秀な人達。
英語が苦手な人でも、基礎から英語を教えてくれます。

もちろん英検対策プランは実施しており、会話に重点を置いた内容で自然な英語を話せるように基礎から教えてくれます

レッスンはスカイプを利用しますが、ハッチリンクジュニアのオフィスから行われます。
オフィスには高速光回線を敷かれているので、オンライン英会話にありがちな「ネット回線が途絶える」という心配は無用

1アカウントで親や兄弟も受講可能なので、仕事で英語が必要になった父や英語の授業が始まった兄弟も受けることができます。

入学にかかる費用 無料
授業料 (税込)3036円~
1回あたりの授業料 (税込)407円~
教材費用 無料
レッスンの方法 マンツーマン
講師の国籍 フィリピン人が中心
日本人講師 在籍
レッスン内容 日常英会話/英検対策 など
無料体験レッスン アリ(2回分)

英検3級対策ならhanaso

hanasoのLP

【おすすめポイント】

  1. スタディサプリでおなじみ、関先生が監修
  2. 基礎英会話にうってつけ
  3. 独自開発「hanasoメソッド」がある

オンライン英会話のhanasoは2022年で11周年を迎える歴史が長いオンライン英会話。
hanasoでは低価格で、アジアで2番目の英語力を持つフィリピン人から英語を教わります

英検3級の取得が目的なら、テクニカルな知識は不要。
基本的なやり取りを覚えることが先決で、まずは英会話になれることが重要です。
レッスンは、有名大学出身者のフィリピン人講師が丁寧に教えてくれます。

英語の参考書やスタディサプリで有名な関正生氏が監修した「hanasoメソッド」が特徴。
「hanasoメソッド」は必要なフレーズを反復して覚える学習方法で、講師と一緒に重要フレーズを覚えていきます。

レッスンが無い日は自習によりカバー。
6日間の復習で身につけることを目指しています。

コスパに優れ、「hanasoメソッド」により重要フレーズを覚えられるhanasoは英検3級受験者におすすめです。

入学にかかる費用 無料
授業料 (税込)4,400円~
1回あたりの授業料 (税込)195円~
教材費用 無料
レッスンの方法 マンツーマン
講師の国籍 フィリピン
日本人講師 いない
レッスン内容 日常英会話/ビジネス英会話 など
無料体験レッスン アリ(2回分)

英検準2級対策ならMytutor

mytutorのHP

【おすすめポイント】

  1. オンライン英会話4技能No.1
  2. 講師が全て正社員
  3. 快適なオンラインレッスンが受講可能

Mytutorは業界でも珍しい、講師を全て正社員として雇用しているオンライン英会話です。
フィリピン公認英語講師の資格保有者や大学院卒などの高学歴を採用基準としています。
講師は「ライティング」「リーディング」「リスニング」「スピーキング」の能力を求められる「4技能試験」を通過しているのでクオリティは間違いありません

英検コースもあり、丁寧な講師によるマンツーマンのレッスンを受けることができます。

レッスンではスカイプを使用。
オンライン英会話でスカイプを使う場合は、インフラの関係から通信が途絶えたり画像が乱れたりする問題があります。
Mytutorの事務所は、その問題を解決するために大手コールセンターが入居するビルを利用し、専用高速回線を契約。
講師はそこからレッスンを行うので、音声の途切れや動画の乱れなどの問題を極力減らすことに成功しています。

Mytutorは講師の質の高さ、ネット環境の良さに加えて価格の安さを実現しているオンライン英会話です。

入学にかかる費用 無料
授業料 (税込)6,980円~
1回あたりの授業料 (税込)432円~
教材費用 無料
レッスンの方法 マンツーマン
講師の国籍 フィリピン
日本人講師 いない
レッスン内容 日常英会話/英検対策 など
無料体験レッスン アリ(2回分)

英検2級対策ならECCオンラインレッスン

ECCオンラインのHP

【おすすめポイント】

  1. 目的やプランによって講師の国籍が選べる
  2. ブラウザ経由で受講できる
  3. 英会話学校大手ECC外語学院が運営

ECCオンラインレッスンは英会話スクールの運営で有名な株式会社ECCが運営するオンライン英会話。
実店舗英会話学校のノウハウを活かし、合計100時間の研修をクリアした優秀な講師陣による的確な指導で、英検学習者のレベルアップをサポートします。

ECCオンラインレッスンでは英語学習に特化した独自アプリを使います。
これにより受講者がストレスを感じること無くレッスンに集中できます。

実店舗で培ったノウハウがあるので、英検で上のレベルを目指す人でも問題なく取り組むことが可能。

レッスンはブラウザを使うので、ほぼ全てのデバイスに対応。
OSが違うと同期が少し難しいスカイプと違い、アカウントを入力してログインするだけなので、どの端末でも同じ条件で利用できます。

英検の学習が修了した人は、さらに英語力向上のためにスキルアップを図ることができます。
イタリア語や韓国語など7カ国の学習から選択可能。
これは実店舗で長い歴史があるECC独自の強み。

価格面では他社に見劣りしますが、実店舗で培ったノウハウをオンラインで存分に享受できるのが、ECCオンラインレッスンです。

入学にかかる費用 無料
授業料 7,967円~
1回あたりの授業料 286円~
教材費用 無料
レッスンの方法 マンツーマン
講師の国籍 アメリカ フィリピン など
日本人講師 在籍
レッスン内容 日常英会話/英検対策 など
無料体験レッスン アリ(2回分)

英検準1級対策ならDMM英会話

DMM英会話のHP

【おすすめポイント】

  1. 24時間受講可能
  2. ikonw!など8,100以上の独自コンテンツが使い放題
  3. 日本人スタッフが相談に乗ってくれる

DMM英会話は合同会社DMM.comが運営するオンライン英会話
数あるオンライン英会話の中でも知名度が高く、業界で最大クラス。
講師は合格率5%%の面談を突破しているのでクオリティも担保されています。

講師は世界約120カ国から採用されているので、24時間レッスンを受けられます。
南アフリカやインドなど、他のオンライン英会話ではあまり出会わない人の英語を体験できるのが特徴。

英検対策も旺文社が作成した問題集を使い本番さながらの練習ができます。
スピーキングやリスニングだけでなく、文法や英作文の学習ができます。

DMM英会話は、英検対策のリスニング・スピーキング以外の学習ができるのが強み

またトラブルやレッスンの相談は日本人が対応
英会話スクールといえ、トラブルの際は日本語で対応したいですよね。
日本人スタッフの有無はオンライン英会話の品質に直結します。

入学にかかる費用 無料
授業料 (税込)3240円~
1回あたりの授業料 (税込)82円~
教材費用 無料
レッスンの方法 マンツーマン
講師の国籍 世界約120カ国
日本人講師 在籍
レッスン内容 日常英会話/ビジネス英会話 など
無料体験レッスン アリ(2回分)

英検1級対策ならベストティーチャー

best-teacherのHP

【おすすめポイント】

  1. 24時間対応可能
  2. 英検など資格対策講座が豊富
  3. 業界唯一のライティングを添削してくれるサービス

ベストティーチャーは株式会社ベストティーチャーが運営しているオンライン英会話です。
グループ会社に代々木ゼミナールがあります。

ベストティーチャーの英検対策は旺文社の問題集をもとにおこないます。
また業界で唯一のエッセイ(英作文)の添削サービスがあります。

英検対策ができる外国人講師により「的確な」添削を受けることが可能
講師からの添削や模擬面談を通して英語力の底上げを図ります。

一人では対策が難しいスピーキングに加え、ライティングのチェックも行えるオンライン英会話はベストティーチャーだけです。

入学にかかる費用 無料
授業料 (税込)12,000円
1回あたりの授業料 1日何回でも受講可能
教材費用 無料
レッスンの方法 マンツーマン
講師の国籍 フィリピン、アメリカなど約50カ国
日本人講師 在籍
レッスン内容 日常英会話/英検対策 など
無料体験レッスン 2回(スピーキング1回、ライティング1回)

英検を受けるメリット

メリット

英検を受けるメリットはこちらのとおりです。

  • 大学受験で役に立つ
  • 4技能の英語力を証明できる
  • 英語学習の目安となる

順番に解説します。

大学受験で役に立つ

英検の取得は大学受験で有利に働きます。
京都大学や大阪教育大学といった国立大学でも英検準1級の取得で、英語のテストが免除になったり加点される学部があります

国立大学は全ての科目が難問です。
英語だけでも優遇措置を受けられるのは、他の科目に集中できるので大きなメリットになります。

就活や転職でも役に立つ

英検は就活にも役に立ちます。
人口減少が著しい日本で活路を海外に求めている企業は多く、24.7%の企業が海外に進出しているからです。
この流れは今後止まることは無いでしょう。

日本国内だけで商売をしている企業でも、いつ海外と取引が始まるか分かりません。
入社したい企業で英語力を問われない場合でも英検の資格は「努力の証」になります。

TOEICの点が求められる場合も英検のベースがあれば高得点を取りやすいです。
英検のメリットは計り知れません。

4技能の英語力を証明できる

英検を取得すると「聞く(リスニング)」「話す(スピーキング)」「読む(リーディング)」「書く(ライティング)」の4技能を証明できます。

2016年に英検の2級以上に対してライティングのテストが加わりました。
これにより英検は4技能の能力を測るテストになりました。

この背景には国内外のグローバル化が挙げられます。
国内企業でも英語を話す機会が増え、英語人材が必要とされているからです。

2019年の訪日外国人の数は3,188万人。
今後海外との繋がりが太くなれば、より英語の需要は高まっていくでしょう。

英検取得で4技能を証明できます。
それにより就職や昇進で有利になります

英語学習の目安となる

英検は、英語4技能のスキルを測るテストです。
英語学習の目安になり今後の目標立てに役立ちます。
例えば海外留学を希望する人であれば、英検準1級の取得を目指すなど、明確な目安になります。

TOEICListening & Reading Testはリスニングとリーディングだけのテストです。
スピーキングを測るなら、会話と筆記に特化したTOEIC® Speaking & Writing Tests を受ける必要があります。

英検は一度の受験で4技能全ての能力が必要になります。
総合的な技能を1つのテストで測りたいなら英検です。

英検の各級で求められる英語力

こちらでは英検の各級で求められる英語力を順番に解説します。

English-test

英検4級

英検4級は中学中級程度の英語力です。
TOEICで換算すると400点前後。

英検4級は基本的な単語を勉強すれば到達可能な点数です。
簡単な短文を読んで理解することや、簡単な単語を発することができるレベル。

日常的に英語に触れず、英語に長いブランクがある人がこのレベルです。
いわば英語をまったく話せない人です。

基本的な事がまだ出来ていない状態。
英検4級は、履歴書に書くと逆効果になるスコアです。

英検3級

英検3級は、基礎力が付き始めたレベル。
TOEICに換算すると500点前後。

基礎的な単語と文法を勉強すれば到達可能なレベル。
英検3級は、人に言って恥ずかしくない最低レベルの級といえます。

英検3級は中学卒業レベルの英語力とされ、簡単な質問なら理解することができます。
3級からは二次試験で面接が加わるので、対策が必要です。

英検準2級

英検準2級を取得すると、高校中級程度の英語力です。
TOEICで換算すると600点レベル。
日本人の平均スコアが580点なので、平均以上のレベルです。

問題内容は社会性のある問題が入り、長文の穴埋め問題などが加わります。

英検準2級からは履歴書で評価される英語力です。
転職に有利になる企業もでてきます。

大学入試で有利になるのは準2級からなので、難関大学を目指す人は取得しましょう。

英検2級

英検2級は高校卒業レベルの英語力。
TOEICで換算すると700点レベル。

英検2級を取得すると、海外留学や海外出張ができる程の英語力を身に着けていることになります。
仕事の日常で英語を使えるレベルです。

問題内容はより高度になり、難しい内容の英文読解やライティングテストが加わります。

英検準1級

英検準1級は大学中級レベルの英語力
TOEICので換算すると800点レベル。

英検準1級を取得していると「実際に使える英語力の証明」として高く評価されます。
このレベルになると海外で生活しても困ることが少なくなります

英語学習によほどのこだわりのない人は、このレベルでストップしても問題ないでしょう。
英検準1級を取得すると転職や昇進でかなり有利になり、公務員試験でも加算されます。

英検1級

英検1級は大学上級レベル。
TOEIC換算では900点レベル。

ここまくるとネイティブと仕事やプライベートで問題なくコミュニケーションを取れるようになります。
通訳案内士試験の筆記問題を免除されるなど、英語に関する資格からも高く評価されるレベル。
合格率は10%以下。

英検1級を持ってると通訳や翻訳といった英語に特化した仕事ができます。

英検に関するよくある質問

Q&A

こちらでは英検に関するよくある質問をまとめました。

英検にかかる費用はどれくらい?

英検にかかる費用はこちらの通りです。

英検

出典:英検受験案内

英検は級が上がるにつれて検定料が上がります。
2022年の検定料は2021年と比較して下がりました。
2021年は感染症の影響による各種コスト増に伴い、一時的に検定料が上がっていました。
2022年は各種施策が功を奏し検定料を下げることに成功しています。

受験代金とは別に英検用の参考書が必要です。

出題される傾向や必要とされる単語はTOEICとは若干異なります。
TOEICの受験経験がある人でも英検専用の参考書を購入する方がベターです。

英検はどれくらいの頻度で行われる?

従来型の英検は1年に3回です。
「英検 S-CBT」という新しいスタイルの英検の試験は、毎週土曜日に実施されています。
「英検 S-CBT」は英検(従来型)と違い、全ての科目を1日で終わらせます。

また「英検 S-CBT」に合格すれば、英検(従来型)は同じ資格を得ることができるのが特徴。
年齢や性別に関係なくどなたでも受験可能です。

何級で履歴書に書ける?

履歴書にかけるのは2級からです。
英検2級は「海外留学に必要な能力を備えている」とされているからです。

公益財団法人 日本英語検定協会の「Can doリスト」によると、英検2級は「日常で困らないレベルの英語力を保有している証明」です。
対策を取らないと取得できない資格とされています。

英語を必要としない企業に応募する場合でも英検2級以上は高評価です。
逆に3級やそれ以下の場合、「英語ができない証明」になるので書かないほうが無難です。

オンライン英会話で英検対策をする際によくある質問

質問

こちらでは、オンライン英会話で英検対策をする際によくある質問をまとめました。

オンライン英会話だけで対策可能?

残念ながらオンライン英会話だけで英検の対策をすることは難しいです。
英検のスピーキングとリスニングの対策をするには、オンライン英会話のレッスンだけでは時間が短いからです。

オンライン英会話のレッスン時間はおよそ25分。
この25分の中でスピーキングとリスニング両方を半分ずつ練習したとしても10分程度。

絶対量が足りないのが分かりますね。

英検対策ができるオンライン英会話といえど、それだけで十分に対策できるわけではありません。
オンライン英会話を活用しつつ、参考書や単語帳で勉強するのがいいでしょう。

どれくらいの期間オンライン英会話を受講する?

どれくらいの期間オンライン英会話を受けないといけないかは、人によります。
英語学習の進捗は人それぞれだからです。

オンライン英会話だけに頼るのではなく、参考書でリスニングの勉強をするなどして自習することが大切。
オンライン英会話の使い方はそれぞれですが、学習の確認のために使うなど、それ以外の勉強時間を増やすことで目標のレベルに到達しやすくなります
結果として受講期間を短くすることができます。

子どもでもオンライン英会話で英検対策できる?

子供でもオンライン英会話で英検対策はできます。
ハッチリンクジュニアは子供向けのオンライン英会話。

親切な講師が揃っているので丁寧に英語を教えてくれます。

まとめ・無料体験をして比較しよう!

オンライン英会話といえど、講師の国籍から英検対策のレベルまでさまざまなサービスがあります。

どれが良いか迷った場合は、無料体験を受けることをおすすめします。

体験レッスンは無料です。

気になるサービスがあれば迷わず受けてみましょう。

スクールランキング2022

元英会話教室スタッフで、これまでに30校以上の英会話教室・スクールに足を運んだ筆者が、厳選して選び抜いた英会話スクールをやらせ抜きのランキングでまとめてみました。スクール選びで迷った際はぜひ参考にしてみてください。