考え込んでいる女性

英会話教室って行く意味ある?元スタッフがぶっちゃける英会話スクールの効果について

考え込んでいる女性

ネット上ではよく「今の時代に英会話教室・スクールなんて行く意味がない」「英会話教室に通っても英語は身に付かない」のような意見を目にすることが多いですよね。

特に最近では、オンライン英会話や、YouTube、英語学習アプリなどの気軽に学べる学習方法も増えてきており、以前にまして「なおさら英会話スクールに行く意味はない」というような風潮があるような気がします。

そこでこの記事では、元英会話教室スタッフである筆者が、英会話教室・スクールに通う意味や効果がないと感じてしまう理由について詳しく解説していきます。

アウトプットの場として通う意味は十分にある

ステマでもなんでもなく、私個人としては英会話教室・スクールは「アウトプットの場」として十分に通う意味・価値のある場所だと思っています。

確かに英会話教室・スクールに通って実際に英語が全然身につかなかったという人や、半年経ってもほんとど何も成長しない人もいるのは事実ですが、その一方で実際にスクールに通いビジネスレベルの英語を身につけた人や、TOEICを大幅にスコアアップさせたという人も数多くいます。

英会話教室・スクールのレッスンだけで英語学習を全て賄えると考えているのなら、絶対的な勉強量が足りていないので意味がないかもしれませんが、普段から自己学習を行いつつ、プラスで英会話スクールでのレッスンを取り入れれば、英語が伸びないということはまずありません。

特に我々日本人は、英語学習における会話の練習量(アウトプット)が圧倒的に足りていないので、そういった意味でもスクールで行う対面レッスンはアウトプット力を鍛えるのに効果的と言えます。

関連記事

英会話を上達させるのにはたくさんの時間が必要ということは、前知識として知っていても、英語を勉強し始めると、実際にこの疑問が強く頭に浮かんでくるかと思います。 そこで、この記事では、そんな英会話学習の永遠の疑問である「上達までに必要な学[…]

砂時計での時間

英会話教室・スクールは効果がないと感じてしまう理由

落ち込んでいる女性

実際のところ、英会話教室・スクールでの会話レッスンが「効果がない」「通う意味がない」と感じてしまう方は、大抵以下の3つのどれかに当てはまっていることがほとんどです。

  1. 学習量が圧倒的に足りない
  2. 通うだけで勉強している気になってしまう
  3. 講師やカリキュラムの質が悪い

学習量が圧倒的に足りない

そもそも英会話教室・スクールは、英語学習における「会話」「リスニング」の練習を行う場所であり、単語や文法などのインプットの部分まで全て丁寧に教えてくれるような塾ではありません。

「レッスンでネイティブと喋っていれば自然に英語が伸びる」と勘違いしている方もたまにいますが、スピーキング・リスニングに関しては、あくまでも自分の知識の範囲内の単語・文法でしか話す・聞くことができないので、どんなに良いスクールでもレッスン外での自己学習は必須です。

通うだけで勉強している気になってしまう

「英会話教室・スクールに行くこと」が目的になっていると、定期的にスクールに通ってレッスンを受講しているだけで、あたかも「勉強をしている」という気になってしまいがちです。

中学・高校と6年間英語を学んでもほとんどの日本人が英語を喋れないのに、たった週1,2回のレッスンを受けているだけで英語が喋れるようになれるはずがありません。

前述の通り、英会話教室・スクールというのはあくまでも「英会話を練習する場所」であって、英語学習の全てを学べるわけではないので、英会話スクールのレッスンに過度な期待を持ちすぎるのはやめましょう。

講師やカリキュラムの質が悪い

極端に料金が安い英会話スクールや、素人が経営しているような個人教室を選んでしまうと、講師やカリキュラムの質が悪いことがあります。

特に最近は、英会話ビジネスのブームに乗っかって、適当なカリキュラムと素人同然の外国人講師で経営を行う粗悪な英会話教室・スクールも増えてきているので、そういったハズレのスクールを選んでしまわないように注意が必要です。

英会話教室・スクールを選ぶ際は、事前にカリキュラム・講師の評判を確認した上で、必ず一度は体験レッスンを利用して実際の質を確かめておきましょう。

英会話教室・スクールの効果をより高める方法

勉強 自習

以上のポイントを踏まえた上で、英会話教室・スクールでのレッスンの効果をより高めるためには、必ず以下の2点を守るようにしましょう。

  1. レッスン外でも自発的に学習を行う
  2. 学習に対しての本気度が高い英会話教室・スクールを選ぶ

レッスン外でも自発的に学習を行う

まずは何よりもレッスン以外でも自発的に学習を行っていくこと。

実際のレッスンの予習や復習はもちろん、

  1. 基礎単語
  2. 基礎文法
  3. リーディング
  4. リスニング

といった「インプットの部分」に関しても、英会話教室・スクールのレッスンと並行して自主的に学習していくことが大事です。

スクールで実際にレッスンができる時間は限られているので、その時間を無駄にしないためにも、普段から英語のニュースなどで新しい単語や表現を覚えたり、スタディサプリなどの英語学習アプリを利用して、レッスン受講の際の効果を最大化できるようにしておくのがおすすめです。

関連記事

これから英会話教室・スクールに通う予定があるのであれば、レッスンでの学習効果やモチベーションをより高めるためにも、事前にある程度の下地を作った状態にしておくことが大切です。 この記事では、これから英会話教室・スクールに通おうとしている[…]

準備

学習に対しての本気度が高い英会話教室・スクールを選ぶ

「実際にどの英会話教室・スクールに通うか」についても、レッスン効果を高めるため上ではよく吟味しておきましょう。

実際問題、英会話学習はモチベーションに非常に左右されやすいので、その部分をしっかりケアしてくれたり、気軽にスタッフに学習やカリキュラムの相談がしやすいスクールであるかどうかというのは、長期的に学習を続けていく上で非常に大切です。

料金の安さや知名度だけで決めてしまわず、生徒に対するサポートの充実度やカリキュラムの質など、しっかりと中身を見て、英語学習に対して本気で取り組む姿勢が伺えるようなスクールを選ぶようにしてください。

関連記事

「英会話教室・スクールに通ってみたいけど何を基準にスクールを選べばいいの?」、「失敗しないためには何を重要視すべき?」と英会話教室・スクール選びで悩んでしまう方は多いかと思います。 この記事では、そんな方に向けに、元英会話教室スタッフ[…]

本を読んでいる

学習効果がある・ないは結局自分次第

英会話教室・スクールで実際に英語が伸びる・伸びないは、結局のところはやはり自分次第な部分が大きいです。

たとえどれだけ素晴らしい講師やカリキュラムを用意しているスクールであったとしても、レッスンに過度な期待を持ち過ぎてしまったり、通っただけで自然と英語が伸びると思っているようでは、いくらたっても英語は上達せず成長も感じることができません。

しかし、何度も言っているように、普段から自己学習を行いつつアウトプットの練習の場として英会話教室・スクールを利用すれば、レッスンでの学習効果は大いにあります。

英会話教室・スクールでのレッスンを、あくまでも学習の一部として考えることができれば、アウトプットを伸ばすのには非常に有効ですので、ぜひ今回紹介したポイントを一通り把握した上で、自分に合いそうだと思うスクールを見つけてみてください。

英会話教室・スクールランキングのバナー

元英会話教室スタッフで、これまでに30校以上の英会話教室・スクールに足を運んだ筆者が、厳選して選び抜いた英会話スクールをやらせ抜きのランキングでまとめてみました。スクール選びで迷った際はぜひ参考にしてみてください。