All-Eikaiwa×レアジョブ本気塾4回目コラボ

【最終回】レアジョブ本気塾のプログラムを2ヶ月受講した結果【ガチ受講シリーズ】

All-Eikaiwa×レアジョブ本気塾4回目コラボ

こんにちは、All-Eikiawa管理人のキツネ(@alleikaiwa)です。

先日、ついに2ヶ月におよぶレアジョブ本気塾のプログラムを卒業しました。

最終回となる今回の記事では、前回の続きの5~8週目までの内容から、実際に2ヶ月間レアジョブ本気塾に通ってどのような変化があったのかや、受講した感想などをまとめて書いていきます。

 
キツネ
実際にプログラムを受けて自身に起きた変化や、プログラムの良かった点・悪かった点を詳しく書きました!
2020年2月現在、レアジョブ本気塾はサービスリニューアルに伴い新規受講生の応募を停止しています。

レアジョブ本気塾卒業までにやったこと

5~8週目までの内容は下記のような感じです。

2ヶ月目(5~8週目)までの学習内容

  • レッスン予習→7.8時間
  • オンラインレッスン→40時間
  • スクリプトライティング→12.8時間
  • ディクテーション→11.3時間

先月と比べるとレッスンの時間が増え、レッスン予習とディクテーションの時間が減りました。

1ヶ月目が終わった時点でリスニング(ディクテーション)課題は出来るようになったので、後半はスピーキング(オンラインレッスン)メインでスケジュールを組んでましたね。

 
キツネ
最後の週にいたっては1日4レッスン受講していたので、かなりキツかったです(笑)

2ヶ月間の総学習時間

レアジョブ本気塾の総学習時間

オンラインレッスン 78.5時間
レッスン予習 26.6時間
スクリプトライティング 24.7時間
ディクテーション 26.3時間
 
キツネ
平均で見ても1日2.6時間、レアジョブ本気塾以外の学習を合わせると毎日3時間以上は確実に勉強していましたねw

最終セッションはレアジョブ本社で受講

レアジョブ本社のエントランス

毎回のセッションはこれまでずっとオンラインで受講していましたが、最終セッションは初回時と同じく、レアジョブ本社で直接受講しました。

レアジョブ本気塾卒業後におすすめされた教材

最終セッションでは、いつものような各課題のチェックと、フィードバックの他、今後の英語学習についてのアドバイスもしてもらいました。

ちなみに私の場合は、上記のような教材を使って、基礎文法の復習とより高度なレベルの学習を並行してして進めていくのが良いとのこと。

レアジョブ本気塾の卒業証明書

そして最後には、担当トレーナーさんからプログラムの卒業証書を直々にいただきました。

 
キツネ
担当トレーナーさんには2ヶ月間、本当にいつも丁寧にサポートしてもらいました!

最終フィードバックでの各項目の結果

せっかくなので、最終フィードバックで実際に貰ったフィードバックも結果を公開します。

ディクテーション

レアジョブ本気塾のディクテーションの結果

リスニングに関しては元からある程度得意でしたが、ディクテーション課題に毎日取り組んだおかげで、かなり細かな音も拾えるようになり、リスニングの精度がグッと上がりました。

 
キツネ
特に「リンキング(音の繋がり)」にはかなり強くなったと感じます。

スクリプトライティング

英文ライティングの構成を学んだため、ライティングは以前よりも論理的でわかりやすい文になってきました。

いつも250字程度の課題に取り組んでいたので、このくらいのボリュームなら、今はかなりスムーズに書くことができます。

 
キツネ
とはいえ、まだ細かな文法ミスがちょくちょくあるので、今後はそこを改善していきます。

スピーキング(オンラインレッスン)

レアジョブ本気塾のオンラインレッスンの結果

スピーキングに関しては個人的に最も伸びたと感じていて、以前よりも明らかに発話量・発音・抑揚などが改善され、より込み入った話もできるようになってきました。

以前は繋ぎ言葉でワンパターンな表現ばかり使っていたのですが、今は上の「Message」欄にもあるように、いろいろな表現の使い分けができるようになり、PREP法(結論から述べる方法)に沿って喋ることができます。

 
キツネ
今後はさらに深い部分まで話せるようになる+文法的なミスを減らすことを意識してオンライン英会話を続けていきます!

レアジョブ本気塾を2ヶ月受けて変わったこと

フィードバックで指摘された以外の部分で、自分がこの2ヶ月で感じている変化は以下の通りです。

  1. どんな話題でもある程度話せるようになった
  2. 繋ぎ言葉を使う頻度が減った
  3. 細かな音まで拾えるようになった
  4. 英語学習が習慣化された
  5. 私生活にもポジティブな変化があった

どんな話題でもある程度話せるようになった

この2ヶ月で約80時間もオンライン英会話をやったので、大体どんな話題を振られてもある程度の発話量で話せるようになりました。

以前は、難しいことを聞かれると「簡単に一言言って終わり」ということが多かったのですが、今では答えだけでなく、自分の意見もプラスアルファでしっかり言えるようになっています。

 
キツネ
今振り返ってみると、2ヶ月前は喋れてる風だっただけですね(笑)

繋ぎ言葉を使う頻度が減った

「like..」や「umm…」などの、いわゆるfiller(繋ぎ言葉)を使う頻度が減りました。

これも以前は会話で困った時に多用していたのですが、最近は話す前に構文を頭の中で考えられるようになったので、繋ぎ言葉を使う機会はかなり減りました。

 
キツネ
完全には無くなってないですが、使う機会は最小限になりました。

細かな音まで拾えるようになった

フィードバックの部分でも書いたように、リスニングは細かな音の変化や音の繋がりがわかるようになってきました。

やっている間はあまり気づかなかったのですが、プログラムが終わってから、お気に入りの洋楽を改めて聞いた時に以前と全く聞こえ方が違っていて驚いたので、以前よりもリスニング力は向上したと思います。

 
キツネ
「a」、「at」、「of」などの聞き逃しがちな音も拾えるようになりました。

英語学習が習慣化された

英語学習を2ヶ月毎日3時間続けていると、否が応でも日々の学習が習慣化されてきます。

以前は嫌々学習をやっていたり、日によっては学習に全く気が乗らないこともありましたが、最近はもはやそういった気持ちやモチベーションは関係なしに、習慣として学習を続けられるようになりました。

 
キツネ
学習をサボると逆に違和感を感じてしまうほどに、英語学習が日常の習慣の一部になりましたね(笑)

私生活にもポジティブな変化があった

これは予想していなかったのですが、私生活でもいろいろなポジティブな変化がありました。

前は「仕事する→ゲームかYoutube→夜中に寝る」のような自堕落的な生活を送っていたのですが、レアジョブ本気塾に通いだしてからは、学習時間を捻出するためにゲームやYoutubeを見る時間が減り、生活リズムもかなり規則正しくなってきました。

また、本気塾の課題以外でも自主的に英語学習をしたり、地元で開催されているMeetupのイベントに積極的に参加したりなど、気持ちの面で言っても始める前とは180度ガラリと変わりましたね。

 
キツネ
他にも、ジムにも通い始めたり、英語以外の勉強も新たに始めたりと、レアジョブ本気塾がきっかけとなって、いろんな新しい事に取り組めるようになりました!

プログラムの良かった点

ここからはプログラムを実際に受けた中で感じた良かった点を書いていきます。

個人的に良かったと感じたのは下記の3つです。

  1. 毎日インプット→アウトプットのサイクルがある
  2. 使えるスキルとして英語が身につく
  3. オンラインなのでスケジュール調整が楽

毎日インプット→アウトプットのサイクルがある

レアジョブ本気塾では全ての課題で「インプット→アウトプット」学習のサイクルがあります。

オンラインレッスンにしても、

  1. 教材の予習(インプット)
  2. 1回目のレッスン(アウトプット)
  3. レッスンの復習(インプット)
  4. 2回目のレッスン(アウトプット)

というように、ただレッスンを受けるのではなく、インプットした内容をレッスンでアウトプットするというというサイクルをひたすら繰り返すため、自分が使える表現の幅を効率良く増やすことができます。

 
キツネ
インプットしたことを即アウトプットしていくので、新しく学んだこともスピーディーに自分で使える知識に変えていくことができました。

使えるスキルとして英語が身につく

レアジョブ本気塾は最初から英語の運用能力の向上にフォーカスし、会話学習やライティング学習をやっていくので、使えるスキルとしての英語力を確実に身につけることができます。

他の英語コーチングスクールだと、音読やシャドーイングなどの学習がメインになるため、2~3ヶ月やって「理解力はついても実際に会話として使えるレベルにはなっていない」ということがありますが、実践力重視のレアジョブ本気塾のカリキュラムではそういった心配は全くありませんでした。

 
キツネ
ある程度の基礎が出来ている前提ではありますが、実際に通って、2ヶ月で大体自分の思い描いていた通りの会話力には到達することができました。

オンラインなのでスケジュール調整が楽

実際にプログラムを受けいていて地味に良かったと感じてるのが、スケジュール調整のしやすさです。

レアジョブ本気塾では、英会話レッスンも週1度のカウンセリングも全てオンラインだったので、急な用事が入っても日時の調整がかなりしやすかったです。

特にオンライン英会話レッスンは、予約・キャンセルが直前でも可能かつ無制限に受けられたので「時間空いたから今から2レッスン受けるか」ぐらいの感じでレッスン予約ができて、気持ち面でもかなり楽でした。

 
キツネ
レッスン・課題提出・カウンセリングなど全てがオンラインで完結するのはやはり便利だなと改めて思いました。

プログラムの悪かった点

反対に、プログラムを受けていた中でイマイチに感じた点は下記の3つです。

  1. 課題確認やサポートの頻度は少し甘め
  2. 成長を数値化できない
  3. オンライン英会話でたまにトラブルがある

課題確認やサポートの頻度は少なめ

英語コーチングスクールということで課題確認や学習相談サポートはもちろんありますが、ぶっちゃけ言うと、このサポートや進捗確認の頻度は期待していたより少なかったです。

英語学習の相談や課題の進め方の質問は随時メールで担当トレーナーさんに聞けるのですが、基本こちらから聞かない限り、向こうから連絡が来ることはなく、課題の提出がなどが少し遅れても催促は特にありませんでした。

もちろんセッション時に毎週の学習状況を確認するので、課題をサボるとこのときにバレるのですが、提出などは遅れても何も言われないという感じなので、個人的にここはもう少し厳しめでも良かったなと思います。

 
キツネ
あと、メールではなく、LINEのようなチャットツールだともっと手軽で良かったなと思いました。

成長を数値化できない

これは本気塾のプログラムの特性上しょうがないのですが、他のスクールのように試験のスコアなどで、2ヶ月の自分の成長を数値化して表すことが出来ないのは地味にデメリットだなと思いました。

もちろん、プログラムを実施した自分としては英語力の伸びは感じていますし、効果も確かに実感してはいるのですが、具体的に「2ヶ月でどれくらい伸びた」ということを数値にして表すことが出来ないため、客観的にどれくらい伸びたのかが分らないのはやはり辛いところです。

 
キツネ
一応レベルアップテストを受ければ成長を可視化することもできますが、これは別料金なので、このテストもプログラムに含まれていればよかったなと思いました。

オンライン英会話でたまにトラブルがある

レアジョブ本気塾ではレアジョブ英会話のサービスを使ってレッスンを受けていくため、

  • 回線不良による音ズレ・画面停止
  • 講師が時間になっても現れない
  • リクエスト教材が講師側に反映されない

などのトラブルに遭遇することが何回かありました。

回数で言うと大体20~30レッスンに1回ぐらいで、そこまで頻繁にあったわけではないものの、やはりこういったトラブルはないにこしたことは無いので、サービスリニューアル後はこの部分も改善されると良いなと思います。

 
キツネ
一応レッスン自体は受け放題で、トラブル時が発生した際はその分のレッスンが無料受講保証も付いてますが、そうはいっても実際にトラブルに合うと気分は良くないです(笑)

卒業後も英語学習は継続していく

レアジョブ本気塾の卒業後のプラン

以上が私がレアジョブ本気塾のプログラムを受講した感想になります。

改めて結論を言うと、今回レアジョブ本気塾を2ヶ月受講できて本当に良かったと心から思っています。

始めた当初は「キツイなぁ…」と思うことも多々ありましたが、いざ終わってみると本当にあっという間で、英語力のアップに留まらず、プライベートでもたくさんの良い影響がありました。

今後は一人になりますが、このまま学習を継続していかないとせっかくここまで積み上げてきた英語力も落ちていってしまうので、今後も引き続き英語力を磨いて、自分の理想に近づけていこうと思います!

なお、現在レアジョブ本気塾はリニューアルに伴って新規受講生の募集を完全停止していますが、近々まだパワーアップして帰ってくると思うので、現在検討中の方はリニューアル後にぜひチェックしてみください。

 
キツネ
より良いサービスに生まれ変わっていくと思うので、今後に期待です!

英会話教室・スクールランキングのバナー

元英会話教室スタッフで、これまでに30校以上の英会話教室・スクールに足を運んだ筆者が、厳選して選び抜いた英会話スクールをやらせ抜きのランキングでまとめてみました。スクール選びで迷った際はぜひ参考にしてみてください。