トライズとライザップイングリッシュの比較

トライズとライザップイングリッシュはどっちがおすすめ?両方行った筆者が違いを徹底比較!

トライズとライザップイングリッシュの比較

英語コーチングスクールの中でもTORAIZ(トライズ)RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)のどちらに行くかで迷っている方も多いかと思いますが、実は両社の間にはとても大きな違いがあるということをご存知でしょうか。

この記事では、実際にトライズとライザップイングリッシュの両スクールに行った筆者が、それぞれのスクールのサービス内容や特徴などを徹底的に比較しながら、それぞれのスクールの具体的な違いについて詳しく解説していきます。

 
キツネ
それぞれサービス内容や特徴がかなり違うので、ぜひこの記事を参考に自分にあったスクールがどちらかを検討してみてください!

トライズとライザップイングリッシュの比較

まずはトライズとライザップイングリッシュのサービス内容や料金、スクール数などの違いを見ていきましょう。

サービス内容の比較

  トライズ ライザップイングリッシュ
受講期間 2ヶ月(TOEIC対策)
1年(スピーキング)
2~4ヶ月
学習時間 月80時間 月80時間
学習スタイル

トレーニング+チーム型学習サポート

トレーニング+マンツーマン学習サポート
レッスン回数

【スピーキング】
グループレッスン:週1回/50分
マンツーマンレッスン:週2回/25分
対面面談:月2回

【TOEIC対策】
マンツーマンレッスン:週2回/25分
対面面談:週1回

マンツーマンレッスン:週2回/50分
確認テスト:週2回/30分
対面面談:月1回
コース スピーキングコース
TOEIC対策プログラムコース
英会話スキルアップコース
TOEICスコアアップコース
継続コース
教材

市販教材

自社教材
市販教材

専属トレーナー 日本人 日本人
レッスン講師 ネイティブ 日本人
 
キツネ
こうして見るだけでも、両社の受講期間、コース内容、レッスン回数、講師などに大きな違いがあることがわかります。

受講料金・保証内容の比較

  トライズ ライザップイングリッシュ
入会金 55,000円(税込) 55,000円(税込)
受講料

【スピーキング】
12ヶ月一括:1,425,600円(税込)

【TOEIC対策】
2ヶ月コース:308,000‬円(税込)

2ヶ月コース:360,800‬円(税込)
3ヶ月コース:495,000円(税込)
4ヶ月コース:630,080円(税込)
その他費用 【スピーキング】
コンサルティング費:203,500円(税込)
割引特典 一括払いで受講料・入会費OFF 期間限定キャンペーン
教育給付金制度 TOEICスコアアップコースのみ対応
割引特典 最大48回(金利7.9%) 最大60回(金利19.8%)
保証サービス

【スピーキング】
1ヶ月以内全額返金保証
中途解約保証
無料延長保証(3ヶ月)

【TOEIC対策】
1ヶ月以内全額返金保証
スコアアップ保障

30日以内の全額返金保証
 
キツネ

総じてライザップイングリッシュの方が合計受講費用は安いですが、保証内容等に関してはトライズの方が充実しています。

営業時間・スクールの立地の比較

  トライズ ライザップイングリッシュ
営業時間

火~金 13:00-21:15
土 10:00-17:30(※日曜・月曜休校)

 07:00-23:00
スクール数

全14校(東京、神奈川、愛知、兵庫、大阪)

全9校(東京)
スクールの場所

【東京】
新宿、池袋、渋谷、赤坂、虎ノ門、田町三田、秋葉原、銀座、丸の内

【神奈川】
みなとみらい

【愛知】
名古屋

【大阪】
梅田、なんば

【兵庫】
神戸三宮

【東京】
新宿、新宿御苑、池袋、渋谷、銀座、日本橋、赤坂見附、秋葉原、新橋
オンライン受講 全コース対応 英会話スキルアップコースのみ
 
キツネ
トライズの方が全国展開でオンライン受講も充実してはいるものの、営業時間に関してはライザップの方が優秀と言えますね。

トライズとライザップイングリッシュの評判・口コミ比較

トライズとライザップイングリッシュのそれぞれのネット上の口コミをいくつかピックアップしてみたので、こちらも見ていきましょう。

TORAIZ(トライズ)の口コミ

 
キツネ
トライズの方が口コミ数は少なかったものの、全体的には「Versant(英語試験)の点があがった」などのつぶやきが多かったです。

ライザップイングリッシュの口コミ

 
キツネ
ライザップイングリッシュに関しては、「強制力がある」、「実際にTOEICのスコアが上がった」などのつぶやきが多く見られました。

トライズとライザップイングリッシュの5つの違い

以上の比較を諸々踏まえた上で、実際に両方のスクールを体験した筆者が感じたトライズとライザップイングリッシュの違いは以下の5つです。

  1. プログラムのコンセプト
  2. 講師・サポート体制の違い
  3. カリキュラムのカスタマイズ制
  4. 保証内容の充実度
  5. スクールの立地・通いやすさ

トライズは1年の長期型学習でライザップは数ヶ月の短期学習

スケジュール

トライズとライザップイングリッシュの最も大きな違いは、「プログラムのコンセプト」です。

トライズは、1年間で1,000時間の学習(スピーキングコース)で本質的な英会話力の向上を目指しますが、ライザップイングリッシュは、2~4ヶ月の短期間で設定した目標を達成するための学習を行っていきます。

実際に行うトレーニングの内容も、トライズは実際のシチュエーションを想定したディスカッションメインの会話練習、ライザップはシャドーイングを中心とした英作文トレーニングが多めです。

 
キツネ
トライズは時間をかけて英会話の総合力の向上、ライザップは短期間で英会話のテクニックを学ぶという感じです。

トライズはネイティブ講師だがライザップは日本人講師

会話している男性2人

トライズとライザップイングリッシュは、レッスンを実施する講師やサポート体制も大きく異なります。

トライズでは英語学習サポートを担当してくれる日本人コンサルタントに加えて、ネイティブ講師が週3回のレッスンを担当しますが、ライザップイングリッシュは、英語学習サポートから実際のレッスンまでを全て1人の日本人トレーナーが一環して行います。

また、それぞれレッスンの進め方として、

  • トライズ→ネイティブ講師と英語を学ぶ
  • ライザップイングリッシュ→日本人講師と日本語で英語を学ぶ

というような違いがあり、トライズではネイティブが使うナチュラルなフレーズや会話のコツを教わることができ、ライザップイングリッシュは第2言語として英語を学んだ日本人視点での文法・表現の解釈のコツを教わることができます。

 
キツネ
ネイティブ講師に習うか日本人に習うかは、それぞれ一長一短あるので、これに関しては好みが分かれるところです。

カリキュラムのカスタマイズ制が高いのはトライズ

たくさん並んだ本

トライズとライザップイングリッシュはどちらも生徒ひとりひとりに合わせたカリキュラムでプログラムを進めますが、カスタマイズ制についてはトライズの方が圧倒的に上です。

ライザップイングリッシュの場合、予め用意されているレベルや目的別のコースをベースにカリキュラムを組むため、カリキュラムのカスタマイズ制はそこまで高くありません。

一方、トライズは初回ヒアリングで徹底的に弱点分析と目標設定を行って、生徒ひとりひとりに対してオリジナルカリキュラムを作っていくので、より個人に最適化された内容のトレーニングを行えます。

 
キツネ
トライズの場合は、教材もひとりひとりに合わせた市販のものを使用していきます。

効果が出ない場合の保証制度はトライズの方が優秀

クレジットカードと南京錠

プログラム受講における保証内容は、受講期間と金額が高い分ライザップイングリッシュよりトライズの方が優れています。

両スクールとも「入会から30日以内の全額返金保証」がありますが、トライズではそれに加えて、プログラムの中途解約保証、延長保証、そしてTOEICコースでは点数保障まで用意しています。

もちろん「保証がある=効果出ない可能性がある」というわけではなく、受講生の継続率・満足度はいずれのスクールも90%を超えてるのですが、万が一の場合の保証内容ではトライズの方がより手厚いです。

 
キツネ
実際に上記の保証を利用する可能性は極めて低いのですが、万が一の場合においてより安心なのはトライズです。

スクールの立地の良さはトライズだが通いやすさではライザップ

オフィスの内装

スクール数や立地条件など、通いやすさは一見するとトライズの方が良さそうですが、実際のスクールとしての通いやすさはライザップの方に分があります。

トライズは関東・関西にスクールがあり、全コース共通でオンライン受講も可能となっていますが、営業時間自体が短いほか、毎週月曜、日曜はいずれも休校となっており、日曜に限ってはレッスン受講やメールサポートも全てストップします。

一方のライザップイングリッシュは、基本的に年中無休かつスクールの営業時間も朝の7時から夜11時まで長いため、仕事前や仕事終わりにも通いやすく、スケジュールもより柔軟に決めることができます。

 
キツネ
スクール数などの立地はトライズの方が上ですが、実際のところの通いやすさはライザップの方が優秀です。

【結論】どちらの方がおすすめ?効果が高いのは?

  TORAIZ(トライズ) ライザップイングリッシュ
カスタマイズ制
インプット学習
アウトプット学習
サポートの充実度
通いやすさ
口コミ評価

ここまで紹介してきた特徴などの違いを考慮した上での筆者個人の意見としては、

ネイティブ講師の下でしっかり英語力を上げたい→TORAIZ(トライズ)

日本人講師の下で素早く英語力をUPしたい→ライザップイングリッシュ

といった感じです。

ただ、これだけではまだいまいち判断がつかないという方向けに、「どちらのスクールがどんな方に向いているか」を下記でより詳しくまとめてみました。

本物の英会話力を身につけるなら「TORAIZ(トライズ)」

トライズ丸の内校の雰囲気1

  • ネガティブ講師の下で実践的な会話力を身につけたい
  • お金をかけてでも本物の英語力を身につけたい
  • 効果を確実に保証してくれるところが良い

トライズは、1年で1,000時間という膨大な時間をかけて、週3回のネイティブのレッスン&日々の学習を繰り返すことで、「実践で使える英語力」をとことん鍛えることができます。

ライザップよりも時間・お金がかかる分、付け焼き刃ではない本物の英語力を身につけられるので、国内留学のような感覚で、時間をかけてでも英語にとことん自己投資したい方には最適です。

 
キツネ
成長期や浮き沈みの時期も含めて、1年間しっかりとチーム体制で生徒の学習をサポートしてくれるのがトライズの強みです!
関連記事

1年で1,000時間の英語学習を実施するという他にはないコンセプトで、数ある英語コーチングスクールの中でも異彩を放っているTORAIZ(トライズ)ですが、実際その期間の長さと学習量から「興味はあるけど無料カウンセリングに行くのも勇気がい[…]

トライズ丸の内校の雰囲気1
関連記事

1年の長期間で1,000時間の英語学習を行うことで有名なあのTORAIZ(トライズ)が新たにスタートしたTOEIC(R)試験専用のトライズ TOEIC対策プログラムは、通常コースとは異なり、2ヶ月でTOEICスコアをアップさせる短期集中[…]

トライズ所長の西牧さん1

短期ですぐに結果を求める方には「ライザップイングリッシュ」

ライザップイングリッシュの雰囲気1

  • ネイティブよりも日本人講師に教えてもらいたい
  • 生活習慣から見直して英語学習の習慣を身につけたい
  • 短期間ですぐに結果を出したい

ライザップイングリッシュは、トライズよりも期間が短い分、日々やることがより明確かつ目標達成までの学習サポートや、スケジュール管理が徹底されています。

また、レッスンからメールサポートまで日本人トレーナーが一環して行うため、特に初中級者の方は、ライザップの方が短期間で成果を出しやすいと言えます。

 
キツネ
短期間で確実に達成した目標があるのなら、ライザップで1から10までサポートしてもらうのがおすすめです!
関連記事

ライザップグループが運営の英語コーチングスクールRIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)は、英会話スクールを探している方なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 この記事では、そんなライザップイングリッシュの池[…]

ライザップイングリッシュ池袋校の受付

無料体験で両スクールを比較しておく

ここまでトライズとライザップイングリッシュの違いについて解説してきましたが、もしもまだどちらにするかで迷っているのなら、それぞれのスクールの無料体験を一度受けてみるのがおすすめです。

スクールの雰囲気や、スタッフさんの熱意など、実際に自分の目で見ないと判断できないこともたくさんあるので、まずは自分自身でしっかりと向き不向きを確かめてみることが大切です。

どちらのスクールも、無料体験では現在の英語力の診断や弱点分析も行ってくれるので、英語学習の悩み相談がてらに行く感じで受けておけば損はないと言えるでしょう。

 
キツネ
両スクールとも、時期によっては人気が高まり、体験すら中々受けられないこともあるので、入会を検討している方はなるべく早い内に無料体験の予約をしておくことをおすすめします!

英会話教室・スクールランキングのバナー

元英会話教室スタッフで、これまでに30校以上の英会話教室・スクールに足を運んだ筆者が、厳選して選び抜いた英会話スクールをやらせ抜きのランキングでまとめてみました。スクール選びで迷った際はぜひ参考にしてみてください。