リーフ英会話の雰囲気1

Leaf English School(リーフ英会話)で無料体験レッスンを受けてみた感想【体験記】

リーフ英会話の雰囲気1

福岡の英会話スクールの中でも、低価格ながら実践的な英会話レッスンで口コミ人気を集めているのが、中央区・天神にあるリーフ英会話です。

普段は東京周辺の英会話スクールに行くことが多い筆者ですが、先日たまたま福岡に行く用事があったので、以前からずっと気になっていた天神のリーフ英会話にお邪魔してみました。

この記事では、筆者が実際に受講したリーフ英会話の無料体験レッスンの全体の内容・感想から、スクールの雰囲気、駅からの行き方などの気になるポイントをまとめて紹介していきます。

特に「リーフ英会話に行くかどうかで迷っている」という方の参考になれば幸いです。

リーフ英会話の無料体験レッスンについて

  1. スクールでの無料体験レッスン
  2. オンラインでの無料体験レッスン

リーフ英会話では、上記のように生徒や講師の都合に応じて、対面・オンラインの2種類の無料体験レッスン・説明会を実施しています。

無料体験レッスンは全体で約60分前後で、実際にリーフ英会話で行われているレッスン内容の体験はもちろん、コースの特徴、他のスクールとの違い、月額料金などについても細かく解説してくれます。

体験レッスンの予約~日程確定まで

無料体験レッスンの予約

リーフ英会話の無料体験予約

リーフ英会話の無料体験レッスンは、公式HP上にあるお問い合わせページから、記載されている専用のアドレスにメール、もしくは直接電話にて予約することが可能です。

電話の場合、時間帯によっては受付が不在のことがあるので、時間に余裕のある方は前もってメールで問い合わせするのをおすすめします。

メール&電話で体験レッスンの日程調整

リーフ英会話の日程調整メール

私の場合は、校長であるErik先生のレッスンを受講するため、メールと電話の両方で連絡を取り合いながら、体験レッスンの日程を調整をしてもらいました。

zoomのアカウント作成

オンラインで体験レッスンを受講する際は、先ほどのメールでも書いてある通り「Zoom」というビデオ会議アプリ(Skypeのようなアプリ)のアカウント作成が必要となりますので、受講する場合は当日までにアカウントを準備しておきましょう。

通常はスクールに訪問してレッスンを受講するので、こちらはオンラインでレッスンを受講する方のみ参考にしてください。

体験レッスンの内容(オンライン)

私が受講したオンラインでの体験レッスンの流れは以下の通りでした。

  1. Zoomでビデオ通話
  2. 日本語で自己紹介&アイスブレイク
  3. 日本人が間違いやすい英語をテーマにしたレッスン
  4. リーフ英会話のカリキュラムや使用教材の説明
※体験レッスンの内容は受講者のレベルによって若干異なる場合があります。
※下記の内容はオンライン受講をした場合の流れになります。

Zoomでビデオ通話

zoomの招待メール

オンラインで体験レッスンを受ける場合、体験レッスン当日の指定の時間に上記のような招待リンク付きのメールがErik先生から送られてきます。

zoomの起動画面

メールが来たら、記載されているリンクから専用のビデオ会議ルームに飛んで、Zoomを起動します。

うまく起動が出来ない場合はページを再読込みするか、Zoomのアプリをダウンロードして何回か試してみてください。(私は接続が上手くいかずアプリ経由で行いました)

日本語で自己紹介&アイスブレイク

無事に接続が完了したら、まず最初はお互いの自己紹介を兼ねたアイスブレイクを行います。

私もオンラインレッスンはかなり久々だったので、始まる前は正直かなりドキドキしていたのですが、開幕早々Erik先生がめちゃめちゃ流暢な日本語で元気に挨拶してくれて一気に緊張が吹っ飛びました(笑)

ちなみに、リーフ英会話校長のErik先生は、言語療法、聴覚学、音声学といった言語学に関する専門家で、日本語・英語を含む計7カ国語を自在に操るマルチリンガル。

現在は主にカナダと日本(福岡)の2カ国を拠点に、リーフ英会話の運営や留学・ワーホリのサポート業務などを行っているそうです。

日本人が間違いやすい英語をテーマにしたレッスン

リーフ英会話の体験レッスン2

アイスブレイクで軽めの雑談を5分程度行ったら、Erik先生のPC画面を共有し、「日本人が間違いがちな英語」をテーマにした体験レッスンを進めていきます。

レッスンの詳細は企業秘密らしいのでここでは詳しく書けないのですが、ざっくり言うと、

  1. 日本語↔英語の直訳のミスリーディングについて
  2. 会話の前後状況や、相手の話す意図を汲み取る重要性について

の2つを軸に、英語でコミュニケーションを行う際に気をつけるべき点を考察するといった内容で、従来の英語学習の方法と全く異なる視点で、英語の奥深さについて解説してくれました。(どちらかというとレッスンというよりも講義のような感じ)

私自身、英語学習に関しての知識はそれなりにある方だと自負していましたが、このレッスンを通じて本当に新しい発見がたくさんあり、自分はまだまだ英語について全然知らないことがたくさんあることに気付かされましたね(笑)

リーフ英会話のカリキュラムや使用教材の説明

リーフ英会話の体験レッスン6

一通りのレッスンと解説が終わったら、最後にもう一度リーフ英会話のカリキュラムの特徴や、使用する教材について説明してくれました。

説明内容をざっくり箇条書きで書くと、以下の通りです。

  • 実践的でありながらも初心者でもついていける英語を教えている
  • 良い意味で日本人の英語に合わせない(ネイティブのスピード・表現のまま)
  • 特定のカリキュラムはなく、希望に応じた内容でレッスンを進める
  • 実戦会話クラスは通い放題(レッスン外では多読学習が無料で行える)
  • 教材は市販の英語教材ではなく実際の洋書や絵本などを利用する
  • 教材・テキスト代は不要

リーフ英会話のレッスンは実践的な会話が中心ですが、液晶モニターやワークシートを使うなど、リアルな英語だけど、レベルの差に関係なくレッスンについていけるようにするための工夫がたくさんあるとのこと。

リーフ英会話天神校のスクール訪問

本来は上記のオンラインレッスンで体験レッスンは終了なのですが、今回は筆者が福岡に行く機会があったので、実際にリーフ英会話の教室にお邪魔してみました。

リーフ英会話の場所・行き方

リーフ英会話は地下鉄七隈線天神南駅から徒歩約2~3分の距離にある、「アローマンション」というマンションの一室にスクールを構えています。

リーフ英会話のビル1

場所は比較的入り組んでいるのですが、駅からの距離は近いのでアクセス自体はかなり良いと思います。

Leafの表札

マンションの入口には、このように「Leaf English School」の表札があります。

やましょうのビル

ビルの場所がわからないという方は、隣のビルの入口にある「やましょう」というモツ鍋のお店の看板を目印にするとわかりやすいと思います。

リーフ英会話の雰囲気

リーフ英会話のドア

マンションのエレベーターで5Fに上がって、通路を奥に進んだ507号室がリーフ英会話の教室です。

外見はまるっきり普通のマンションですが、中に入ると雰囲気ががらっと変わり、上記のように明るくて綺麗な内装となっています。

leaf英会話の受付

こちらはリーフ英会話の受付。

生徒さんは備え付けのコーヒーや紅茶を自由に飲んでOKとのこと。

リーフ英会話の雰囲気1

そしてこちらが、リーフ英会話のレッスンスペース。

いつも大体1~4名程度の生徒さんがレッスンを受けるそうです。(私が訪れた際は2名生徒さんが来ていました)

ちなみに、Erik先生がカナダに出張中の際は、モニターディスプレイを使いビデオ会議形式でレッスンを実施するらしいです。

リーフ英会話の待合室

レッスンスペースの隣にある待合スペース。

こちらはレッスンで使用する洋書がたくさん置いてあり、レッスン前・後や、合間の空き時間などに自由に来てくつろいだり、自習を行ったりすることができます。

スクールやシステムの気になる点を質問

せっかくスクールに訪れたので、個人的に気になった点についてスタッフさんに直接質問してみました。

リーフ英会話の強み・他のスクールとの違いは何?
一言で言うと実践の会話がメインのスクール。他のスクールのように日本人の英語に合わせたり、覚えやすいような英語表現を学ぶのではなく、ネイティブ同士が使う自然な表現を身につけていく。
講師や生徒の人数は全体でどの程度?
講師については現在ネイティブが2人と、日本人1人、そして校長のErikの計4人。生徒さんの在籍数は全体で90人くらい。
どんなレベルの生徒さんが多い?レベル分けなどはあるの?
レベル分けは基礎・初級・中級の3つあるが、レベルはテストではなく個別に相談しながらアレンジしている。ほとんどの生徒さんは初級・中級のいずれかだが、基礎のレッスンが必要と感じる生徒さんには基礎クラスをおすすめしている。
オンラインでも授業は受けられる?
基本的には通学して通ってもらうのがベストだが、通えない事情があったり、遠方の方はオンラインレッスンも対応可能。実際、広島や東京の生徒さんでレッスンを受けている方もいる。
混む時間帯や曜日はある?
特定の時間が混むようなことはあまりない。強いて言うなら平日の昼から夕方が比較的空いているので、通える方はその時間がいいかも。
ホームワークはある?どんな感じ?
ホームワークはあるが強制はしない。生徒からの希望があればレッスンのフォローアップとしてその都度用意する。
入会にかかる費用は?
入会金+2ヶ月分の月謝。入会時にこれらの初期費用をお振り込みしていただく。教材費などのその他の料金については一切かからない。
入会キャンペーン・割引はある?
期間限定のキャンペーンのようなものはないが、2名同時での無料見学説明会参加、および2人同時入会で1人分の入会金が無料になる割引を実施している。

リーフ英会話の無料体験レッスンの感想

良かった点

  • 生徒に一切媚びないリアルな英会話を教えてくれる
  • フレンドリーで親しみやすい講師・スタッフさん
  • アットホームな雰囲気がある

良かった点はたくさんあるのですが、その中でも特に良かったのは実際のレッスンの内容とリアルな英語を教えるというスクールのコンセプトですね。

体験レッスンの冒頭で、「ウチのレッスンを受けると驚きがたくさんあると思いますよ」とErik先生が自信満々に言っていたのですが、本当にその通りで「How are you?」の答え方ひとつとっても、知らないことだらけで、あらためて英語という言語の奥深さに気付かされました。

正直レッスンの最初は半信半疑だったのですが、実際にレッスンを体験していくと驚きがたくさんあって、これまでの学習で気づけなかった英語の新たな側面を発見する良い機会になりましたね。

また、スクールに訪れた際は実際のレッスンの様子を見学しましたが、講師はネイティブ英語のそのままのスピードで生徒さんとも喋っていて、生徒に合わせてわざと簡単な英語を使ったり、喋るスピードを変えるようなことが一切が無いというのも、個人的にかなりの衝撃でした。

私もこれまでたくさんのスクールを見てきましたが、生徒と先生が良い意味でここまで対等な関係のスクールは見たことないと思います。

悪かった点

  • スクールの場所が若干わかりづらい
  • 公式HPの情報が少ない

悪かった点というか、個人的に気になった点は、スクールの場所のわかりづらさと公式HPの情報の少なさですね。

小規模スクールということもあってスクールはマンションの一室にあるので、初めて訪れる際はGoogleマップなどで事前に場所を確認しておかないと迷ってしまうかもしれないと感じました。(実際私は少し迷いました)

また、現状だと、公式HP上でコースの詳細や特徴等があまり詳しく書かれておらず、全貌がイマイチ見えづらい部分があったので、ここがもっとわかりやすければいいなとも思いましたね。

※現在公式HPはリニューアル中で、近日中に新しくなるそうです。

リーフ英会話の総評

リーフ英会話の雰囲気2

レッスンカリキュラムの質 4.5

講師(トレーナー)のレベル 4.0
スクール数 1.0
料金の安さ 5.0
サポート体制 3.5
総合評価 4.2

今回、リーフ英会話で実際に体験レッスンを受けて思ったのは、本当の意味で「使えるリアルな英語」を教えているる英会話教室であるということ。

最近はTOEICなどの英語資格や、ビジネス英語の習得ばかりがフューチャーされている傾向がありますが、そんな中リーフ英会話は、「言語ツールとしての英語」を、基礎の基礎から教えてくれる数少ないスクールです。

天神ないし福岡市内に住んでいる方であれば、ぜひ一度無料体験レッスンを試してみることをおすすめします。

リーフ英会話(天神)の詳細情報

営業時間 月水金 12:00-21:00
火木 11:00-20:00
土日 10:00-18:00(※祝日は休校)
スクールの場所 福岡県福岡市中央区中央区1 渡辺通5-1-26 アローマンション103号館 507号室
アクセス 地下鉄天神南駅から徒歩約3分
地下鉄天神駅南口から徒歩約7分
TEL 092-406-5887
コース内容

通常授業(月2,4,8回)+実践会話レッスン(月2回/通い放題)
TOEIC・IELTS・TOEFL対策コース

費用

入会金:15,000円
月額受講費:8,208円~(通常授業2回+実践会話2回)

備考

※レッスンはグループ/プライベートの両方がある
※通常授業は1回あたり75分

英会話教室・スクールランキングのバナー

元英会話教室スタッフで、これまでに30校以上の英会話教室・スクールに足を運んだ筆者が、厳選して選び抜いた英会話スクールをやらせ抜きのランキングでまとめてみました。スクール選びで迷った際はぜひ参考にしてみてください。