イングリッシュカンパニーvsプログリット

イングリッシュカンパニーとプログリットはどっちがおすすめ?両方行った筆者が特徴や違いを徹底比較!

イングリッシュカンパニーvsプログリット

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)プログリットはどちらも、「第二言語習得研究の知見に基づいた効率的な英語学習」を謳っているだけに何がどう違うのが正直わかりづらいですよね。

そこで今回は、これまでイングリッシュカンパニーに計4回、プログリットで計2回体験を受講した筆者が、イングリッシュカンパニーとプログリットの特徴の比較、実際に体験を受けて感じた両社の違いを交えて、どちらのスクールがどんな方に向いているかを解説していきます。

「どちらのスクールにしようか決めかねている」という方はぜひ一度参考にしてみてください。

 
キツネ
人によってどちらがよりおすすめかが異なるので、どちらがより最適なスクールかをしっかりと見ていきましょう!

イングリッシュカンパニーとプログリットの比較

まず、イングリッシュカンパニーとプログリットのサービスの内容の違いから比較していきます。

2019年11月時点の情報を基に比較しています。

サービス内容比較

  イングリッシュカンパニー プログリット
受講期間 2~3ヶ月 2~3ヶ月
学習時間 月約48時間 月約80時間
学習スタイル トレーニング+学習サポート 学習サポートのみ
レッスン回数 マンツーマンレッスン:週2回/45分
グループレッスン:週1回/90~120分
対面面談:週1回/60分
コース パーソナルコース
グループコース(初級・中級・上級)
ビジネス英語
TOEIC試験対策
TOEFL/IELTS対策
継続コース
学習サポート メール line
教材 独自教材
市販教材
市販教材
トレーナー 日本人 日本人
 
キツネ
ぱっと見そこまで大きな違いはありませんが、イングリッシュカンパニーではパーソナルコース以外に、グループで受講できるコースが用意されています。

受講料金・保証等の比較

  イングリッシュカンパニー プログリット
入会金 パーソナルコース:55,000円(税込)
グループコース:22,000円(税込)
55,000円(税込)
受講総額

【パーソナルコース(3ヶ月)】
544,500‬円(税込)

【グループコース(2ヶ月)】
220,000‬円(税込)

2ヶ月プラン:360,800‬円(税込)
3ヶ月プラン:514,800‬円(税込)
割引特典 他校から移籍・友達紹介で10,000円引き 友達紹介で10,000円OFF
OYO LIFE契約者は20,000円OFF
各種福利厚生制度(提携先による)
教育給付金制度

パーソナルコースのみ対応

ビジネス英会話コースのみ対応
分割払い

最大3回(金利0%)

最大72回(年率14.75%)
保証制度

入会後30日以内の受講費返金保証

30日以内の全額返金保証
修了後1年間の学習ロードマップ作成
 
キツネ
入会金はどちらも同じですが、受講費用は2ヶ月だとイングリッシュカンパニー、3ヶ月だとプログリットの方が安いです。

スクール数や営業時間の比較

  イングリッシュカンパニー プログリット
営業時間

平日 10:00-22:00
土日祝 10:00-19:00

平日 12:00-21:00
土日 09:00-21:00
スクール数

全15校(東京、埼玉、神奈川、兵庫、大阪、京都)

全12校(東京、神奈川、愛知、大阪)
スクールの場所

【東京】
恵比寿、神田、品川、新宿、銀座、有楽町(2校)、四谷、池袋、六本木

【神奈川】
横浜

【埼玉】
大宮

【大阪】
梅田

【京都】
四条烏丸

【兵庫】
神戸

【東京】
新宿、池袋、有楽町、渋谷、新橋、神田秋葉原、赤坂見附、六本木

【神奈川】
横浜

【愛知】
名古屋

【大阪】
阪急梅田、西梅田

オンライン受講

パーソナルコースのみ対応

全コース対応
 
キツネ
スクール数や営業時間に関してはほぼ五分五分ですが、全コースでオンライン受講ができるプログリットの方が通いやすさでは上と言えます。

イングリッシュカンパニーとプログリットの口コミ比較

  イングリッシュカンパニー プログリット
良い

英語の理解力が向上した
TOEICスコアが伸びた
トレーナーのレベルが高い
グループレッスンが安い

学習の習慣化が身についた
TOEICスコアが伸びた
学習の楽しさがわかった
生活習慣が改善された
強制力が強い
悪い 料金が高い
入会待ちがある(パーソナル)
料金が高い
自習サポートだけでレッスンがない

続いて、イングリッシュカンパニーとプログリットのTwitter上の口コミを比較していきます。

イングリッシュカンパニーの口コミ

 
キツネ
イングリッシュカンパニーでは「英語の理解力が上がった」以外にも、「トレーナーの質」についての口コミも多く見受けられました。

プログリットの口コミ

 
キツネ
プログリットは主に「TOEICのスコアが伸びた」や「生活習慣が改善された」などの口コミが多かったです。

イングリッシュカンパニーとプログリットの5つの違い

上記の比較を考慮した上で、実際に体験を受けた筆者が感じた両社の違いは以下の5つです。

  1. レッスンの有無
  2. カリキュラムのコンセプト
  3. 第二言語習得研究に関しての専門性
  4. 保証制度の充実度
  5. カリキュラムコンセプトの違い

イングリッシュカンパニーはレッスンはあるがプログリットはない

レッスンを実施する教室

イングリッシュカンパニーとプログリットの最も大きな違いは「対面レッスンの有無」です。

イングリッシュカンパニーにはトレーナーとの1回45分の対面レッスンが週2回ありますが、学習コンサルティングがメインのプログリットでは1回60分の対面面談を週に1回スクールで実施するのみで、レッスンを実施することはありません。

そのため、プログリットの場合は、オンライン英会話を別途利用して生徒自身で自主的にアウトプットの学習を行う必要があります。

 
キツネ
イングリッシュカンパニーはレッスンを含めたトータルサポートを行い、プログリットでは自習を前提とした学習サポートを行うイメージですね。

イングリッシュカンパニーは時短学習でプログリットは質×量

机の上の時計

イングリッシュカンパニーとプログリットは学習のアプローチ方法も異なります。

「科学的な知見に基づいた効率学習」と「専属コンサルタントのサポート」は両社同じですが、

  • イングリッシュカンパニー=なるべく少ない手間で効率良く学習を行い英語力を伸ばす
  • プログリット=正しい英語学習法×一定の学習量で英語力を伸ばす

といった感じで、それぞれのアプローチが異なるので、月の学習時間もイングリッシュカンパニーが約48時間、プログリットが約80時間とかなり大きな差があります。

 
キツネ
なるべく手間を減らしたいならイングリッシュカンパニーで、コンサルを受けながら英語力を伸ばしていきたい方にはプログリットです。

第二言語習得研究の専門性はイングリッシュカンパニーの方が高い

ライティング

両スクールの謳い文句でもある「第二言語習得研究」に関しては、プログリットよりもイングリッシュカンパニーの方が確実に専門性が高いと言えます。

サービス開始時期はイングリッシュカンパニーが2015年、プログリットが2016年とそこまで大きな違いはないのですが、イングリッシュカンパニーでは、前身の予備校時代(2010年)から、第二言語習得研究の知見をカリキュラムに積極的に採用し、日々アップデートを積み重ねています。

また、実際にスクールで指導を行うトレーナーも大学・大学院で言語学を学んだ専門性の高い人材ばかりなので、トレーナーのレベル自体も他のスクールの基準と比べて高いです。

 
キツネ
プログリットの専門性が低いわけではないのですが、比較した場合はイングリッシュカンパニーの方が高いと言えます。

サポートの濃さはプログリットの方が優秀

契約書

サポートの細かさ・濃さでは、イングリッシュカンパニーよりも学習コンサルに特化したプログリットの方が圧倒的に優秀です。

イングリッシュカンパニーでも生徒の学習を細かくサポートする体制はありますが、プログリットはさらにその上をいっており、生徒の学習のスケジュールを毎日分刻みで細かく管理したり、日々の生活習慣から英語学習にコミットするための見直しを行ってくれます。

また、日々の連絡手段もメールではなくlineを使うことで、より高頻度かつ高密度に生徒の学習をサポートしていきます。

 
キツネ
プログリットは細かく管理される分、学習が習慣化がしやすいです。

カリキュラムの自由度もプログリットの方が高い

都会の町並み

カリキュラムの内容に関しては、どちらも生徒に合わせたオーダーメイドの形を取っていますが、実はプログリットの方がカスタマイズ制が高いです。

イングリッシュカンパニーの場合、パーソナルコースであったとしても、カリキュラムでやることの型がある程度決まっているので、その人の希望に100%合ったカスタマイズは出来ません。

一方のプログリットの場合は、その人の弱点や学習目的に照らし合わせて限りなくベストな形のカリキュラムを組んでくれるので、試験対策などの特定の目的に特化した学習もしやすいです。

 
キツネ
とはいえ、明確な目標がない方にはイングリッシュカンパニーの方が良かったりもするので、これに関しては人によりけりですね。

【結論】どちらの方が効果ある?おすすめはどっちのスクール?

  イングリッシュカンパニー プログリット
カスタマイズ制
インプット学習
アウトプット学習
サポートの充実度
通いやすさ
口コミ評価

ここまでで紹介した両社の比較を踏まえた上での結論は下記の通りです。

少ない手間で一から効率よく学習したい→イングリッシュカンパニー

現状の学習の最適化とサポートをしてほしい→プログリット

これだけではまだ決められないという方もいると思うので、下記でもう少し両社の向き不向きを深堀りしていきます。

少ない手間で効率よく英語学ぶなら「イングリッシュカンパニー」

イングリッシュカンパニー四谷の雰囲気1

  • レッスンから普段の学習サポートまで一から十までサポートしてほしい
  • より少ない労力で効率的な学習を行いたい
  • 第二言語習得研究の知識・経験が豊富なスクールを選びたい

イングリッシュカンパニーはプログリットよりも、第二言語習得研究の専門性が高く、レッスンから学習サポートまでを一貫して実施するので、「効率よく英語学習をしたいけどやり方がわからない」という方にまさにピッタリのスクールです。

また、プログリットと比べて学習量も少ないので、勉強にあまり負荷をかけられない方にもおすすめです。

 
キツネ
科学的に正しい英語学習を体得できるので、どんな順番で何をやればいいかがわからない方に特に向いています。
関連記事

第二言語習得研究の知見をベースにした効率的な英語学習トレーニングで、英語コーチングスクールの中でもダントツの人気を誇るのが、スタディーハッカーのENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)です。 この記事では、そんなイン[…]

イングリッシュカンパニー四谷の雰囲気1
関連記事

第二言語習得研究に基づいた時短学習で有名なENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)は、その人気の高さから短期スクールにも関わらず、入会までに数ヶ月待ちという状況がずっと続いていました。 そこでイングリッシュカンパニー[…]

イングリッシュカンパニー銀座スタジオのエントランス1

やることが明確になっている方には「プログリット」

progrit池袋校のエントランス

  • できるだけ学習は自主的に行いたい
  • サポートの環境が充実しているスクールを選びたい
  • 英語学習の習慣化のスキルも同時に身につけたい

プログリットは学習のコンサルサービスであるため、生徒自身で英語に取り組んでいく主体性や学習への本気度が求められますが、その分サポートが手厚く、学習の習慣化スキルも同時に身につけられるスクールです。

なので、既にある程度やることが決まっていたり、試験など結果をすぐに出したいという方に最適と言えます。

 
キツネ
短期間で達成したい目標があるという方や、生活習慣から改善したい方に人気なのがプログリットです。
関連記事

3ヶ月間の集中学習で効果的な学習ができることで社会人を中心に人気を博しているのが、英語コンサルティングに特化したプログリットです。 以前TOKKUN ENGLISH(※前の名称)だった際に一度新宿の説明会に足を運んだことがあったのです[…]

progrit池袋校のエントランス

迷ったらまずは無料体験で両社を比べてみる

もしまだ「どちらのスクールが自分合うのかわからない」と迷っているようであれば、一度両スクールの無料体験に行ってみましょう。

実際に体験を受けることで、ネットの口コミ情報だけではわからないスクールの細かな違いや、雰囲気を肌で感じられますし、カリキュラムとの相性も確認できます。

いずれのスクールも評判は高いですが、それでも決して安いサービスではないので、後になってから「やはりあっちも見ておけばよかった」と後悔しないためにも、入会には必ず無料体験で両スクールをしっかり比較しておきましょう。

 
キツネ
人によって感じ方は異なるので、評判だけに惑わされず、自分が納得行ったスクールを選ぶようにしてください。

英会話教室・スクールランキングのバナー

元英会話教室スタッフで、これまでに30校以上の英会話教室・スクールに足を運んだ筆者が、厳選して選び抜いた英会話スクールをやらせ抜きのランキングでまとめてみました。スクール選びで迷った際はぜひ参考にしてみてください。