イングリッシュカンパニーvsプログリット

イングリッシュカンパニーとプログリットはどっちがおすすめ?料金や特徴を徹底比較!

イングリッシュカンパニーvsプログリット

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)プログリットはどちらも、「第二言語習得研究の知見をベースにした効率的な英語学習」を謳っているだけに、具体的に何がどう違うのがわかりづらいですよね。

そこで今回は、イングリッシュカンパニーとプログリットの両スクールに実際に行った筆者が、それぞれの特徴・違いを比較し、どちらがよりおすすめのスクールなのかについて解説していきます。

なお、結論から先にお伝えすると、

  1. 第二言語習得研究における専門性の高さ
  2. スクールでのレッスンの有無
  3. スクール数の多さ

以上の3点から、個人的にはイングリッシュカンパニーの方がおすすめと感じましたが、どちらも良いスクールには間違いないので、まずはそれぞれの特徴や違いを把握した上で、両スクールで無料体験を試してみましょう。

イングリッシュカンパニーとプログリットの比較

まずは、イングリッシュカンパニーとプログリットの大まかな違いを見ていきましょう。

2019年3月時点での情報を基に比較しています。

イングリッシュカンパニーとプログリットの違い

  イングリッシュカンパニー プログリット
受講期間 2~3ヶ月 2~3ヶ月
学習時間 月48時間 月80時間
レッスン回数 マンツーマンレッスン週2回/90分 対面面談のみ週1回/60分
コース パーソナルトレーニングコース
英文法コース
グループトレーニングコース
ビジネス英語コース
ビジネス英語
TOEIC対策コース
TOEFL iBT/IELTS対策コース
トレーナー 日本人 日本人
スクール数

全13校

全7校
オンライン受講
保証サービス 30日以内の返金保証 30日以内の返金保証
修了後1年間の学習計画サポート

大きな点での違いはありませんが、月あたりの学習時間や、レッスンの回数、コースの種類などの細かい点ではそれぞれ上記のような差があります。

イングリッシュカンパニーとプログリットの料金比較

  イングリッシュカンパニー プログリット
入会金 54,000円(税込) 54,000円(税込)
受講総額

2ヶ月コース:162,000円(税込)
3ヶ月コース:534,600円(税込)

2ヶ月コース:354,240円(税込)
3ヶ月コース:505,440円(税込)
割引特典 他校から移籍・友達紹介で10,000円引き 友達紹介で10,000円引き
支払い方法

一括振込・分割払い

現金・クレジットカード(一括・分割)
分割払い

最大3回(金利0%)

最大72回(年率14.75%)

入会金はどちらも同じですが、受講費用に関しては2ヶ月コースはイングリッシュカンパニー、3ヶ月コースではプログリットの方がそれぞれ安くなっています。

また、分割払いの際の手数料についても、プログリットが最大72回までの金利14.75%に対し、イングリッシュカンパニーは最大3回までの金利0%といった違いがあります。

イングリッシュカンパニーとプログリットの営業時間・場所

  イングリッシュカンパニー プログリット
営業時間

10:00-22:00

平日 12:00-21:00
土日 09:00-21:00
スクールの場所

・東京(恵比寿、神田、品川、新宿、有楽町、四谷、池袋、六本木)
・神奈川(横浜)
・大阪(梅田)
・京都(四条烏丸)
・神戸(三宮)

・東京(新宿、池袋、新橋、神田、有楽町)
・神奈川(横浜)
・大阪(梅田)

スクール数・営業時間に関しては、見ての通りプログリットよりも完全にイングリッシュカンパニーの方が基本的に優秀と言えるでしょう。

イングリッシュカンパニーとプログリットの口コミ比較

イングリッシュカンパニーとプログリットのネット上の口コミはそれぞれ以下の通りです。

イングリッシュカンパニーの口コミ

プログリットの口コミ

関連記事

英会話レッスンを一切排除し、英語学習のコンサルティングに特化するという斬新な手法で、今急成長している英語コーチングスクールが、株式会社プログリットが運営を行うプログリットです。 あのサッカーの本田圭佑選手を始めとした多くの著名人が通っ[…]

プログリットのHP

イングリッシュカンパニーとプログリットの5つの違い

上記の比較を踏まえた上でのイングリッシュカンパニーとプログリットの違いは以下の5つです。

  1. 英会話レッスンの有無
  2. 月の学習時間
  3. 第二言語習得研究のバックグラウンド
  4. 保証制度の充実度
  5. カリキュラムコンセプトの違い

イングリッシュカンパニーはレッスンはあるがプログリットはない

プライベートレッスン

イングリッシュカンパニーとプログリットの最も大きな違いは「レッスンの有無」です。

イングリッシュカンパニーでは1回90分の対面レッスンが週2回あるのに対し、プログリットは1回60分の対面コンサルティングを週に1回行うのみで、実際のレッスンは行いません。

どちらも専属スタッフが生徒ひとりひとりに付き、普段の学習から学習指導などを行ってくれる点は変わりませんが、イングリッシュカンパニーはトレーニングを含めたトータルサポート、プログリットでは自習メインのコンサルティングがそれぞれメインになっています。

そのため、プログリットの場合は生徒自身が自主的にオンライン英会話などを利用して学習進める必要があります。

月の学習時間はプログリットの方が圧倒的に多い

机の上の時計

前述の通り、イングリッシュカンパニーとプログリットはそれぞれカリキュラムの内容が異なる分、月の学習時間にも差があります。

どちらも科学的な知見に基づき効率的な英語学習を行う点は全く同じなのですが、以下のように

  • イングリッシュカンパニー=なるべく少ない学習量で最大の効果を出す
  • プログリット=効率の良い勉強をしながら一定の学習量をこなす

といった感じでカリキュラムで重視するポイントが違うので、それぞれの月の学習時間はイングリッシュカンパニーが約48時間、プログリットが約80時間となっています。

第二言語習得研究の専門性はイングリッシュカンパニーの方が高い

ライティング

イングリッシュカンパニーとプログリットは、どちらも「第二言語習得研究」という、人間が言語を習得する過程を研究した学問の理論をカリキュラムに応用していますが、この第二言語習得研究のバックグラウンド・専門性に関してはイングリッシュカンパニーの方が確実に上です。

スクールの開始時期はイングリッシュカンパニーが2015年、プログリットが2016年とほぼ違いがないですが、イングリッシュカンパニーでは2010年の予備校時代から、この第二言語習得研究の知見をカリキュラムに採用しており、学習におけるノウハウが豊富。

さらに、スクールで指導を行うトレーナーにも第二言語習得研究を専門的に学んだ人材を厳選して採用しているので、プログリットよりもスクールとしての第二言語習得研究分野における専門性は高いです。

保証サービスやサポートはプログリットの方が充実している

契約書

保証制度やサポートについては、プログリットの方がより充実しています。

どちらも入会から30日以内の返金保証制度は用意されていますが、プログリットにはそれプラス、プログラム修了後1年の学習計画サポートの特典も付いているので、イングリッシュカンパニーよりも生徒のケアが手厚くなっています。

また、プログリットでは生徒の学習のスケジュールを毎日分刻みで細かく管理し、単純に英語のコンサルティングだけでなく、ライフスタイルの改善レベルで英語学習をサポートしてくれるのが特徴です。

スクール数などの通いやすさで選ぶならイングリッシュカンパニー

都会の町並み

どちらのスクールもオンラインコースを取り扱っていますが、スクール数や営業時間など、実際の通いやすさの面ではイングリッシュカンパニーの方が優秀です。

プログリットは2019年3月時点で東京・神奈川・大阪にしかスクールがありませんが、イングリッシュカンパニーでは兵庫や、京都など、関西圏でもいくつかスクールを構えているので、関西圏に住んでいる方にとっては判断材料の1つになるでしょう。

どっちの方が効果あるの?おすすめのスクールは?

第二言語習得研究のバックグラウンドや通いやすさの面など、筆者個人としての一押しはイングリッシュカンパニーですが、どちらも本当に甲乙つけがたいスクールです。

また、人それぞれの好みもあるかと思いますので、参考までに「それぞれのスクールがどういった人に向いているか」をまとめてみました。

少ない手間で効率よく英語学ぶなら「イングリッシュカンパニー」

イングリッシュカンパニー四谷の雰囲気1

レッスンカリキュラムの質 5.0
講師(トレーナー)のレベル 5.0
スクール数 4.0
料金の安さ 2.5
サポート体制 4.5
総合評価 4.8
  • レッスンから普段の学習サポートまでトータルケアしてもらいたい
  • より少ない労力で効率的な学習を行いたい
  • 第二言語習得研究の知識・経験が豊富なスクールを選びたい

イングリッシュカンパニーはプログリットよりも、第二言語習得研究の専門性が高く、加えて学習のトータルケアを行ってくれるので、「学習をトータルサポートをしてもらいたい」というような方にピッタリです。

単純な学習量はプログリットより少ないですが、少ない手間で効率の良い学習を目指しているので、あまり負荷をかけすぎずに英語学習に取り組みたいという方にはプログリットよりもおすすめです。

がっつりと学習に取り組みたい方は「プログリット」

progrit池袋校のエントランス

レッスンカリキュラムの質 5.0
講師(トレーナー)のレベル 4.5
スクール数 3.5
料金の安さ 2.5
サポート体制 5.0
総合評価 4.7
  • 勉強自体はレッスンではなく自主的に行っていきたい
  • サポート体制がより充実したスクールを選びたい
  • 一流コンサルタントに英語学習方法やスケジュールを管理してもらいたい

プログリットはイングリッシュカンパニーと比べてレッスンが無く、生徒にも主体性が求められますが、その分月の学習時間が長く、サポートも手厚いので、よりがっつりと英語学習に取り組みたい方におすすめのスクールです。

「1から10までトレーナーに教わりたい」という方には向いていませんが、「学習は自分自身でやるから全力でサポートしてもらいたい」という方はイングリッシュカンパニーよりも、プログリットの方がいいでしょう。

どちらにするかで迷ったらまずは無料体験

もしも「どちらのスクールが合うのかわからない」と迷ってしまったら、まずは両スクールで実施している無料体験に行ってみることが大事です。

実際にスクールに行くことで、口コミやネットの情報だけではわからないスクールの違いや雰囲気を肌で感じられるのはもちろん、カリキュラムの相性も確認することができます。

どちらのスクールも返金制度はありますが、それでも料金が料金なので、後になって後悔しないためにも、入会前は無料体験を利用してそれぞれのスクールをしっかり比較することをおすすめします。

現在はどちらのスクールも入会希望者が増え、無料体験の予約すら取りづらくなってきているので、気になる方は早めに予約を行うことをおすすめします。

英会話教室・スクールランキングのバナー

元英会話教室スタッフで、これまでに30校以上の英会話教室・スクールに足を運んだ筆者が、厳選して選び抜いた英会話スクールをやらせ抜きのランキングでまとめてみました。スクール選びで迷った際はぜひ参考にしてみてください。