SpeaKing Biz(スピーキングビズ)の効果や特徴は?使えるビジネス英語のトレーニングを体験した感想

スマホで英語を学ぶのが当たり前になった時代、多くの英語学習アプリがある中で、SpeaKing Biz(スピーキングビズ)はアプリではなく、ブラウザを用いた独自のスタイルを採用。ブラウザを用いることでアプリにありがちなバグの不安を回避できるので、安定した環境で英語学習ができます。

本記事では、「話す」に特化したビジネス英語トレーニングのSpeaKing Biz(スピーキングビズ)の特徴を解説しながら、実際に体験してみた感想もお伝えします。

キツネ
他の英語学習アプリ等との比較もあるので、スマホの英語学習で「どれを使えばいいか分からない!」という方はぜひ本記事を参考にしてください。

SpeaKing Biz(スピーキングビズ)の3つの特徴

実践的なビジネス英語に特化した話すトレーニング

SpeaKing Biz(スピーキングビズ)は「話す」トレーニングに特化しながらも、英語力の基本となる基本語彙・音・語順の3つの力をアップさせ、さらにビジネス英語に必要な表現も効率良くインプットすることができます。

  1. 基本語彙力…中学・高校レベルのベーシックな約5,000語がスラスラと理解できること
  2. 音力…耳だけでなく、口でも単語を覚えていること
  3. 語順力…単語を組み合わせて適切な文を作れる、文を構造で理解できること
キツネ
英語は日本語と構造が大きく異なるため、特に語順力は鍛えるのが難しいのですが、SpeaKing Bizはむしろ語順力を磨くことを得意としています。

コンセプトは“SpeaKing is King”。話すトレーニングを通じて読み書きも含めた総合的な英語力のアップが期待できます。

「積み木メソッド」で複雑な文もスラスラ出てくる

SpeaKing Biz(スピーキングビズ)のレッスンでは、一つの単語をテーマに、段階的に複雑な文を作るトレーニングを実施。「積み木メソッド」と呼ばれるこの学習方法により、不定詞、関係詞などを用いた複雑な文を自然と理解し、発話できるようになります

また、全ての英語表現をMBAホルダーが監修しているため、ビジネス英語の即戦力を身につけることも可能

*MBAホルダー : 経営学修士/経営管理修士のこと。大学院の修士課程を修了した場合は「経営学修士」、専門職大学院で専門職学位課程を修めた場合は「経営管理修士」の学位が与えられる。

キツネ
公式サイトのユーザーの感想を見ても「複雑な文を自然と組み立て、理解できるようになった」という声があり、受講生も積み木メソッドの効果を実感しているようです。

月々約1,242円~からのコストパフォーマンス

SpeaKingBiz(スピーキングビズ)の料金は半年(6ヶ月)プランで14,800円、月々だと約2,467円(いずれも税込)。

一見、特別安いようには見えないかもしれませんが、SpeaKing Biz(スピーキングビズ)のレッスンは発話を何度も繰り返すため、講師が話す時間が長い対面やオンラインの英会話レッスンと比べると、実はコスパがかなり良いのがポイント公式サイトによれば、発話単価は大手英会話学校の1/100にもなります。

キツネ
他の英語学習アプリと比べても、とにかく話すことに特化しており、画面もシンプルでスムーズにレッスンを受講できるので、やはり発話単価で見ると高いコストパフォーマンスと言えます。

SpeaKing Biz(スピーキングビズ)の料金プラン・コース

キツネ
SpeaKing Bizの基本情報を下記の表にまとめました。
速習コース6ヶ月(1日60分) 標準コース1年間(1日30分) ゆっくりコース2年間(1日15分)
料金(全て税込価格) 14,800円
月額約2,467円
19,800円
月額約1,650円
29,800円
約1,242円
コースに含まれるもの ビジネス英語トレーニング
支払い方法 クレジットカードのみ
無料体験 公式サイトからトライアルレッスンを受講可能(申込不要)
備考 時期によってお得なキャンペーンあり

SpeaKing Biz(ピーキングビズ)を体験した感想

キツネ
実際にSpeaKing Biz(スピーキングビズ)を約1ヶ月体験してみました!
学習を始める前に、公式のチュートリアル動画をチェックしてみました。

かなりシンプルで使いやすそうですね。

IDとパスワードを設定し、早速ログイン。連携させればFacebookでもログイン可能なようです。

ログインすると、まずは”STANDARD”か”ADVANCED”を選びます。

どちらもテーマとなる単語は同じですが、“ADVANCED”の方がより複雑な文になります。今回は”STANDARD”を選択。

1~3までのレベルが用意されており、いずれも問題は同じですが、レベル1は回答時間が無制限なのに対し、レベル2は15秒、レベル3は7秒の制限時間が設けられています

まずはレベル1から順番に始めてみました。

“cut”のように、毎回レッスンの始めに、レッスンのテーマとなる語彙が表示されます。

「レッスン開始」で次に進むと、日本語が表示され、それを英語で発話していきます。

「言えた」、「言えなかった」をタップすると、答えが表示されます。

答えのページではネイティブの音声を聞くことも可能です。

キツネ
音声はかなり音質が良く、細かい発音まで綺麗に聞こえます。

ちなみに、レベル2になると、下記のように問題の画面に制限時間のタイマーが表示されます。

積み木メソッドにより、問題が進むにつれてどんどん文が複雑になっていきます。

画面も操作もシンプルで使いやすく、サクサクとレッスンを進められました。

キツネ
全て「言えた」になってクリアすると、トロフィーが表示されます。逆に「言えなかった」があると、レッスンの進行状況が表示されます。アプリのように動作がもたつくこともなく、ストレスフリーで学習に集中できました。

 

レッスン1に「言えなかった」がある場合の表示

全体的に動作がスムーズで、好きなレベル、コースからレッスンを開始できるため、自分なりにカスタマイズした使い方も可能。

キツネ
レベル1~3の違いは時間制限で、レッスン内容は同じなので、レッスン1にレベルを変えながら段階的に挑戦しても良いですし、まずは時間制限なしのレベル1からコツコツとやっていくことも可能です。
SpeaKing Biz(スピーキングビズ)はパソコンのブラウザからも利用でき、画面はスマホ版と変わらないので、ライフスタイルに合わせて切り替えるのもOK。
パソコンのGoogle Chromeでアクセスした際の画面

SpeaKing Biz(スピーキングビズ)が効果的な人・そうでない人

キツネ
SpeaKing Biz(スピーキングビズ)を体験した上で、おすすめの人とそうでない人をまとめました。

SpeaKing Biz(スピーキングビズ)がおすすめの人

SpeaKing Biz(スピーキングビズ)が効果的なのは、英語学習中級~上級者特に高校レベルまでの基本的な文法は理解しているものの、会話やビジネス英語の語彙力には自信がない人です。

体験してみて、SpeaKing Biz(スピーキングビズ)には中級~上級者にとって下記の3つのメリットがあると感じました。

  1. 余計な解説がなく、テンポ良く学習できる
  2. 日常的な単語からスタートしてビジネスで使える表現を学べる
  3. スキマ時間にサクッとレッスンをこなせる

英会話レッスンや他の英語学習アプリを使っていると、文法や表現について詳しい解説があることが多いですが、いざ読んでみると、中級~上級者にとっては「そんなの知ってるよ!」という内容ばかりなことも。

キツネ
SpeaKing Biz(スピーキングビズ)の解答は、正解の文とネイティブ音声のみなので、かなりハイペースでレッスンを進められます。
また、レッスンでは、たとえば“cut”をテーマに、“advertising expenses(宣伝費用)”などのビジネス表現を段階的に組み合わせて学んでいきます。
中級~上級者にとっては“cut”はもちろん、“advertising”や“expenses”も知っている単語かもしれませんが、かと言って「宣伝費を削減する」を瞬時に“cut advertising expenses”と英訳するのは意外と難しいものです。
既存の知識をベースに、高度なビジネス英語の表現を積み木メソッドで自然と身につけられるのは、中級~上級者にとってかなり効率が良いと言えます。
キツネ
慣れてくれば1レッスンは3分も掛からないので、他の勉強と並行しながらスキマ時間にどんどん学習を進められるのもポイント。

SpeaKing Biz(スピーキングビズ)がおすすめでない人

SpeaKing Biz(スピーキングビズ)がおすすめでない人は、英語学習初心者の方、これから英語学習を始めようと思っている方です。

英語初心者にとって、先ほどの3つのメリットがそのまま下記のように裏返しのデメリットになります。

  1. 詳しい解説がないため、丸暗記になりやすい
  2. 基礎的な語彙力がないとかえって非効率
  3. 手軽すぎて習慣化が難しい

正解とネイティブ音声しか表示されないSpeaKing Biz(スピーキングビズ)では、文法についての詳しい解説を見ることは不可能

一方、レッスンでは不定詞や関係詞が頻出するため、少なくとも中学~高校基礎レベルの文法は理解していないと、丸暗記に陥ってしまう恐れがあります。

キツネ
単語についても、“advertising(広告、宣伝の)”、“expenses(費用)”というように別々に出てくるわけではなく、いきなり“advertising expenses(宣伝費用)”として問題が出されるので、丸暗記になりやすいです。まずは他の学習で中学~高校基礎レベルの語彙力を身につけた方が効率が良さそうです。
また、SpeaKing Biz(スピーキングビズ)の1回1回のレッスンは手軽な反面、英語の学習習慣がないと続けづらかったり、つい忘れたりしてしまう可能性も
英語初心者の方は、講師との定期的な英会話レッスンなどでまずは自分の学習のペースを把握し、ベースとなる語彙・文法力を磨いてから、SpeaKing Biz(スピーキングビズ)を活用しましょう。

SpeaKing Biz(スピーキングビズ)を比較してみた!

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースとの比較

英語学習アプリとして知名度の高いスタディサプリENGLISHには、ビジネス英語コースも用意されています。料金は月3,000円前後(キャンペーンにより変動)で、SpeaKing Biz(スピーキングビズ)と大差ありません。

短時間レッスンや文法などの解説動画に加え、日常英会話コースも追加料金なしで利用可能など、シンプルなレッスンのSpeaKing Biz(スピーキングビズ)に対して機能が豊富なのが大きなポイント。

キツネ
料金は2倍以上になりますが、オンライン英会話のネイティブキャンプとコラボした英会話セットプランもあるため、「実際に講師とビジネス英会話の練習をしたい」というニーズにも応えています。
一方、アプリを利用するため、動作が不安定になる、バグにより学習が滞るといったリスクもSpeaKing Biz(スピーキングビズ)はブラウザを利用する上にページもシンプルで軽いため、アプリのようなバグのリスクは小さいです。
また、スタディサプリENGLISHビジネス英語コースは、いろんな機能が利用できる代わりに、「せっかく契約しているのに使っていない機能が多い」となる可能性も
キツネ
ある程度英語学習を進めていて、ビジネス英語に特化した発話力を身につけたいという人にはSpeaKing Biz(スピーキングビズ)、文法などに不安が大きい人にはスタディサプリENGLISHがおすすめです。
関連記事

英語学習アプリ「スタディサプリENGLISH」は、AppleStoreの教育アプリランキングでも1位になったほどの人気を誇る、今最も注目を集めている英会話学習サービスです。 しかし、実際に使ったことがない方からしてみたら「ただ[…]

スタディサプリENGLISH

シャドテン・スピテンとの比較

シャドテンとスピテン

シャドテン・スピテンは英語学習コーチングで知られるプログリットが提供するサービスで、その名の通り、シャドーイングとスピーキングの添削が最大の特徴です。

レベルや目的に合わせた豊富な教材とプロによる毎日の添削により、ビジネス英語の力を短期的にアップさせることが可能。基本的に自習だけになるSpeaKing Biz(スピーキングビズ)に対し、シャドテン・スピテンはコーチングに近い形なので、モチベーションを維持しやすいメリットもあります。

キツネ
独自のアプリではなく、LINEで添削のやり取りをするので、英語学習アプリにありがちな不安定な動作のリスクも小さめ。

ただ、シャドテン・スピテンは独立したサービスで、それぞれ月額21,780‬円、お得な6ヶ月プランでもそれぞれ総額120,780円となり、同じく6ヶ月コースで合計14,800円、月額約2,467円(いずれも税込)のSpeaKing Biz(スピーキングビズ)よりかなり高くなります。

また、添削が完了してフィードバックがもらえるまでのタイムラグが気になる可能性も。

キツネ
英語学習のペースやコツをつかんでいて、とにかくハイペースで学習したい人にはSpeaKing Biz(スピーキングビズ)、サポートや添削を受けながらビジネス英語を身につけたい人にはシャドテン・スピテンがおすすめです。
関連記事

スマホで完結する新感覚の英語添削サービス、シャドテンとスピテンが先日リリースされました。 この記事ではそんなシャドテン・スピテンの詳しい特徴から料金、さらには具体的にどんな方向けのサービスなのかについて詳しく解説していきます。[…]

シャドテンとスピテン

【まとめ】SpeaKing Biz(スピーキングビズ)は効率良くビジネス英語を学びたい中・上級者におおすすめ!

ブラウザを使った自習型の英学学習サービスであるSpeaKing Biz(スピーキングビズ)は、アプリに多いバグの心配もほとんどなく、すぐに使えるビジネス英語表現を段階的に「話す」ことで習得できます

余計な機能を削ぎ落とした効率的な学習システムは、ビジネス英語を効率良く学びたい中級~上級者に特におすすめです。

キツネ
とは言え、公式サイトから申込不要で気軽に体験できるので、初心者の方もまずは実際にトライアルレッスンを受けてみてください!

オンライン対応!2020年おすすめ英会話教室・スクール比較ランキング

元英会話教室スタッフで、これまでに30校以上の英会話教室・スクールに足を運んだ筆者が、厳選して選び抜いた英会話スクールをやらせ抜きのランキングでまとめてみました。スクール選びで迷った際はぜひ参考にしてみてください。