スピークバディの口コミ・評判は?特徴や実際の体験談まで徹底解説!【おすすめ英会話アプリ】

スピークバディの口コミ評判徹底調査

英会話の勉強をあきらめたことはありませんか?

もし「あまり長続きしない」と思う節があるなら、スピークバディを試してみることをおすすめします。

AI音声学習に加えて、日本人コーチがサポート・指導してくれるスピークバディを使えば、英会話学習を継続し、最終的には自信を持って話せるようになります。

この記事を読めば、スピークバディが自分に合っているかどうか、口コミや評判、特徴などを踏まえて判断することができます。

 

キツネ
スピークバディに興味のある人はぜひ参考にしてください!
  • レッスンのクオリティが高い
  • 時事ネタのクオリティが高い
  • オンライン英会話よりハードルが低い
  • 月額料金が高い
  • 1日1時間で終わらない
  • ネット上の評判が少ない

英会話習得にはスピークバディのアプリだけでもいい?

スピークバディアプリ

英会話学習でアプリの重要性はどんどん増しています。
スピークバディはAIを使った英会話アプリで効率的に英会話の学習ができます

とはいえ英語学習には継続が一番大切。
果たして英会話習得にはアプリだけで大丈夫なのでしょうか
こちらで解説します。

AI英語学習アプリ スピークバディの実際の内容

スピークバディはAIを利用した、スピーキングに特化した英語学習アプリです。
文法や単語学習に時間を割くのではなく、会話に重点を置く言語習得理論に基づいたメソッド「スピークバディ式学習法」によりユーザーの英語学習をサポート。

「スピークバディ式学習法」に基づき構成されたレッスンが組まれているので、重要なフレーズを瞬発的に話せるようになります。
AIがユーザーにあったカリキュラムを組んでくれ、苦手箇所を分析、克服のためのプランを提示してくれます。

会話相手は画面に写ったAIなのでミスをしても恥ずかしくありません

1週間無料トライアルができるので、気になる方はダウンロードをおすすめします。

本格的な英語学習には足りない

スピークバディはAIによる英語学習アプリです。
話し相手はAIです。

人間が登場する事はありません。
AIの機械学習により利用者にとっての最適解を提示してくれ、最短距離で英語を覚えられることがメリットですが、AIを使った学習には限界があります

実際の英会話では、とっさのアドリブや雑談、時事問題などAIでは対応できない話題の方が多いです。
キーフレーズを覚えること、瞬発的に英語を話す練習には向いていますが、柔軟な対応が難しいのが難点。

本気のあなたにはパーソナルコーチングというサービスがおすすめ!

本気で英語をマスターしたいあなたには、スピークバディ パーソナルコーチングをおすすめします。
パーソナルコーチングならコーチが専属で英語力向上をサポートしてくれます。

コーチはこちらの条件を満たした日本人だけ。

・英語を使ったビジネス経験3年以上
・TOEIC900点もしくは英検1級に準じた英語力

合格率は2%と厳しい基準をクリアしたコーチのみを採用しています。
日本人コーチなので、第二言語として英語を学んだ経験から英語学習者の悩みを共有できます。
あえて日本人を採用する理由は、同じ日本人として英語学習の苦しみを理解しているから。

他社なら1日3時間程度必要な学習時間を、第二言語習得理論を基に作られた「スピークバディ式学習法」により1時間に圧縮。
コーチがユーザーに合わせたコースを準備して最短距離での英語習得をサポート。

スピークバディ パーソナルコーチングの特徴や他のサービスとの違いとは?

スピークバディの特徴・他のサービスとの違い

スピークバディ パーソナルコーチングは良いサービスですが、他のサービスも気になりますよね。

こちらでは、まずはスピークバディ パースナルコーチングの特徴を抑えてから、スピークバディ パーソナルコーチングとよく比較される、実店舗型コーチングサービスとオンライン英会話との違いを説明します。

スピークバディ パーソナルコーチングの特徴

スピークバディ パーソナルコーチングの特徴はこちらの3点です。

  1. 受講者に最適なカリキュラムが準備されている
  2. 優秀な日本人コーチがそろっている
  3. 実店舗コーチングと比較して安い

順番に解説します。

それぞれに最適なカリキュラムが準備されている

スピークバディ パーソナルコーチングの強みは、それぞれのユーザーに最適なカリキュラムが準備されているところ。

コーチとZOOMを使ってアンケートやレベルチェック、性格診断をします。
その際ZOOMのカメラはオフにしていて問題ありません。

受講者の希望や本人のレベルなどを総合的に判断してカリキュラムを決めます。

優秀な日本人コーチが揃っている

スピークバディ パーソナルコーチングに在籍するコーチ陣は、採用率2%の厳しいテストをパスしています。
こちらの条件をクリアした優秀なコーチ陣によるレッスンを受けることができます。

・英語を使ったビジネス経験3年以上
・TOEIC900点もしくは英検1級に準じた英語力

スピークバディ パーソナルコーチングのコーチは全員日本人
なぜなら第二言語として英語を学んだ経験から英語学習の苦しみや悩みを共有できるからです。

アメリカ国務省のデータによると、英語話者が習得に最も苦しむ言語が日本語。
日本人の英語話者が人口の10%程度だと考えると、日本人にとっても英語は同じくらい難しい言語であることが分かります。

その難易度の高い言語を習得する過程で得た経験や知識を共有できるのは、他の外国人英会話スクールには無い大きな強みです。

実店舗コーチングと比較して安い

スピークバディ パーソナルコーチングは実店舗と比較して安いのが特徴です。
店舗を構えないので家賃や光熱費が抑えられているのが理由です。

例えば、実店舗英会話コーチングA社の場合は1か月約10万円。
スピークバディ パーソナルコーチングは月額61,600万円です。

それに加えてスクールに通う交通費が発生しません。
オンラインスクールならではですが、どこでもレッスンを受けることができます。

レッスンは日本人コーチを採用する事により実店舗と同等の価値を提供できます。

スピークバディ パーソナルコーチングの実際のレッスン内容

スピークバディ パーソナル・コーチングには2つのコースがあります。

  1. 入門コース
  2. スピーキングコース

初心者向けと英会話を本格的に身をつけたい人向けの2つです。
どちらもAIアプリを使い学習します。

順番に解説します。

入門コース

入門コースは、英会話初心者におすすめの1日1要素ずつ着実に覚えていくコースです。
語彙や文法、リスニングなど英会話に必要な基礎的な事を包括的に学びます。

英語初心者で急に海外赴任が決まった人や、数カ月先に海外旅行に行く予定があり、とりあえず最低限の英会話力をつけたいと思っている人に向いているコースです。

総合的に基礎から学べるので何から始めたらわからない人にもおすすめ。

スピーキングコース

スピーキングコースは会話に特化したカリキュラムです。
第二言語習得理論を駆使してスピーキング、語彙力、文法や構文、発音そして会話と総合的な力を上げます。

毎日の1時間の使い方は会話中心。
AIアプリを使ってスピーキングや会話に必要な文法問題を解いてコーチとやり取り。
コーチからフィードバックをもらいながらレッスンを進めます。

ガッツリ英語力を身につけたい人におすすめ。

 一般的なコーチングスクール・オンライン英会話との比較

スピークバディ パーソナルコーチングと一般的なコーチングスクール、オンライン英会話の違いはこちらの通り。

  1. 料金
  2. コンテンツ
  3. 使い方

スピークバディ パーソナルコーチングはAIを利用したオンラインコーチングサービス。
実店舗型のコーチングサービスやオンライン英会話とは全くの別物です。

それぞれの違いをこちらで詳しく解説します。

料金

一般的なコーチングスクールの場合、料金が50万円程度かかります。
また実際に学校に赴く必要があることや仕事終わりに行きづらいなどの問題があります。

スピークバディ パーソナルコーチングはオンラインで講義を受けるので、通学の必要やその為に仕事を調整する必要はありません。

スタディサプリなどのオンライン英会話と比べると高いですが、受講者に合わせたレッスンを受けたいなら、オンラインコーチングのスピークバディ パーソナルコーチングに軍配が上がります。

コンテンツ

スピークバディ パーソナルコーチングのレッスン時間は1時間のみ。
ビジネス経験のある日本人講師が受講者に最適なコースを準備し、それに沿って学習していきます。

毎日のチャットで、分からない事があればいつでも相談できます。
ビジネス経験豊富な日本人コーチが手厚くサポート。

オンライン英会話は会話のレッスンがメイン。
自習は本人の意思次第です。
一般的な店舗型コーチングならカリキュラムを組んでくれますが、質問は教室に居るときにするのがメインです。

週1回の通話コーチングで進捗を報告します。
学習状況の確認はもちろんのこと、進捗状況を説明しないといけないというプレッシャーがモチベーション維持に繋がります。

入門コースとスピーキングコースに分かれておりますが、どちらのコースもコーチからのフィードバック、そして不明点はすぐに質問できます。

使い方

学習中に分からない事があれば、いつでもチャットで確認できるのが強み。

実店舗型ではチャットサービスはありません。
実店舗型の場合は電話で聞けるかも知れませんが、気が引けますよね。

オンライン英会話ではレッスン中に質問することができますが、その分レッスン時間が減ります。

知りたいときにいつでも聞けるのが、スピークバディ パーソナルコーチングの強みです。

スピークバディのSNSでの口コミ・評判は?

スピークバディの口コミ・評判

スピークバディを契約したいけれど、念の為に評判をチェックしたいですよね。

こちらでは、スピークバディのいい口コミと悪い口コミを、メリット・デメリットという視点で解説します。

スピークバディ(旧スパルタバディ)の良い口コミ

スピークバディ パーソナルコーチングの強みは優秀な日本人コーチによるコーチングとAI学習。
具体的にはこちらの3点です。

  1. レッスンのクオリティが高い
  2. 時事ネタのクオリティが高い
  3. オンライン英会話よりハードルが低い

順番に解説します。

レッスンのクオリティが高い

スピークバディ パーソナルコーチングは継続しないといけないと思うほどクオリティが高いです。
日本人コーチによって受講者のレベルに合わせたカリキュラムを組まれ、AIアプリを使い学習していきます。

毎日コーチに連絡するシステムですが、それが受講生をサボることができない環境に追い込みます。
週1回のコーチとの相談により現状のレベルが把握できるので、これからの対策やこの一週間でどれだけ学習ができたかを整理でき、それが継続につながります。

また1時間という短い時間に第二言語習得理論に基づく学習カリキュラムを適用することで効率的に学ぶことができます。

 時事ネタのクオリティが高い

スピークバディ パーソナルコーチングはビジネス経験豊富な日本人コーチからの指導なので時事ネタに強いです。
法律やフィットネスなど、さまざまな分野の日本人コーチがいます。

他のオンライン英会話サービスの場合は、講師が外国人で社会経験に乏しい場合が多く、最新の時事ネタやビジネス経済に関して詳しくないことがあります。
なぜなら英会話スクールの受講生は簡単な日常英会話やビジネス英会話を目的に受講しているので、講師たちは時事問題を話す機会は特にありません。

スピークバディ パーソナルコーチングの場合はオンライン英会話サービスより高額な会費を支払うことができる収入のあるビジネスパーソンを対象にしているので、コーチ陣に求められるものも変わってきます。

オンライン英会話よりハードルが低い

スピークバディ パーソナルコーチングは スマホのAIアプリに話しかける学習スタイルです。
話し相手が人ではなくAIなので、間違えても恥ずかしくありません。

オンライン英会話だと話し相手が人であるので、間違えた場合に恥ずかしくなることがあります。
またオンライン英会話の場合はカメラを使って会話をするのでどこでもできるとはいえ、背景が気になったりするので結果的に場所が限られます。

スピークバディ パーソナルコーチングはアプリを使って学習するので場所を選ぶ必要がありません。
相手がAIなのでレッスンの前に心の準備をする必要もないので自ずと学習のハードルは低くなります。

スピークバディ(旧スパルタバディ)の悪い口コミ

スピークバディ パーソナルコーチングのデメリットはこちらの3点。

  1. 月額料金の高さ
  2. 1日1時間で終わらない
  3. ネット上の評判の少なさ

これらは全て主観的な問題です。
それぞれの問題点を下記項目で解説します。

こちらを読むことでスピークバディ パーソナルコーチングの問題点と、その解決策が分かります。

月額料金が高い

スピークバディ パーソナルコーチングの月額料金は61,600円です。
英語学習アプリとして捉えるなら、スピークバディ パーソナルコーチングは高いです。

英語コーチングサービスとして捉えた場合は、実店舗型と比較して安いです。
スピークバディ パーソナルコーチングはAIを駆使してオンラインで英語のコーチングを受けられる画期的なサービス。

値段が気になる人にはAI学習だけのスピークバディがおすすめ。
コーチング要素を排除したシンプルなAIの英会話サービスです。

月額は1,983円~で利用可能。
1週間無料なのでお試しで使ってみるのもアリです。

1日1時間で終わらないことがある

スピークバディ パーソナルコーチングの勉強時間は1日1時間で良いとされていますが、人によります。
1時間で足りない人は追加で学習する必要があります。

人によって集中力や理解度が違うので全ての人が1時間では終わるとは限りません。
とはいえ他のスクールよりも密度の高い学習内容なので、同じ時間勉強したとしても理解度はより深まるでしょう。

ネット上の評判が少ない

スピークバディ パーソナルコーチングは2020年12月まで「スパルタバディ」というサービス名でした。
「スパルタバディ」サービス名で2013年からあり、そのレビューはSNS上で多く見ることができます。

スピークバディの運営会社アップアレイは、2016年に翻訳アプリ・ポケトークで有名なソースネクストと資本業務提携を結び、得意のAI分野で同商品の開発に協力しています。

評判が少ないからサービスが悪いということはありません。

スピークバディは優れた商品に与えられる「2021年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)」を受賞するなど、実績は十分。
2021年には100万ダウンロードも達成しています。

学習効果が悪ければ2013年から続きません。
スピークバディは優れたオンライン英会話コーチングシステムなのです。

スピークバディのコース詳細

ここからはスピークバディのコースについて紹介します。

入門コース

コースの内容

  1. 語彙力
  2. 文法&リスニング
  3. 発音
  4. スピーキング
  5. リスニング

入門コースでは、これらの内容を7日間のサイクルで初心者でも対応できるように、カリキュラムを作成しています。

基礎的な内容が多いので、ゼロから英語を始めたい方にお勧めの内容となっています。

1時間の使い方

  1. まずは100単語通して読み、苦手な単語をチェック
  2. 苦手な単語リストをコーチに送付
  3. 時間がくるまで、分からなかった単語を中心に見直す
  4. 復習メソッドを利用しプチ学習
  5. アプリを利用し、単語が含まれるフレーズの発音をよく聞く
  6. 100フレーズを全て音声で吹き込み、コーチへ送付

スピークバディでは、1日1時間の学習時間を目安としています。

上記は「単語学習」をする日の例となっていますが、このように、基本的に自分で学習した成果をコーチの方からフィードバックしていただくという形になっています。

スピーキングコース

コースの内容

  1. スピーキング
  2. 文法・構文
  3. 語彙力
  4. 発音
  5. アウトプット

項目としては大きくは変わりませんが、難易度が上がっています。

第二言語習得論に基づいて今ある英語力をさらに向上させるカリキュラムを作成し、学習をサポートするコースとなっています。

1時間の使い方

  1. スピークバディアプリで学習し、スクリーンショットをコーチに送付する
  2. その日のテーマについて作文し、音読をコーチに送付する
  3. 語彙学習テキストを学習し、すべてのフレーズの音読をコーチに送付する
  4. 発音学習アプリを使用して発音のルールを学習し、音読を送付する
  5. 文法テキストを学習し、すべての例文の音読をコーチに送付する

こちらもフィードバックを基本とした1時間の流れですが、内容がかなりハードになっています。

4技能をまんべんなく1時間で鍛えるために自由英作文を音読するという内容の学習も盛り込まれています。

この辺りは初学者には恐らく1時間かけても終わらないような内容となっていますので、ある程度自分で文章を作れる方はこちらのスピーキングコースを選ぶとよいでしょう。

スピークバディ パーソナルコーチングが合う人と合わない人

スピークバディに合う人合わない人

AIを利用したオンラインコーチングサービスのスピークバディ パーソナルコーチングですが、合う人と合わない人がいます。

どんなに良いサービスでも合わないと思う人はいますよね。

こちらを読むとスピークバディ パーソナルコーチングに合う人と合わない人が分かります。

スピークバディが合う人

スピークバディ パーソナルコーチングはこちらの人に合います。

  1. 日本人から指導を受けたい人
  2. 英語学習を諦めたことがある人
  3. 英語学習の始め方がわからない人

詳しく解説します。

日本人講師による丁寧なコーチングを受けたい人

スピークバディ パーソナル・コーチングは、合格率2%の難関を突破した優秀な日本人コーチが揃っています。
コーチ陣は英語を使った実務経験が3年以上あり、ビジネス経験も豊富。

非ネイティブとして英語学習を一から学んだ人ばかりなので、英語学習の知りたいことを理解してくれます。
これは外国人と話すオンライン英会話では難しいことです。

フィリピンや他の非ネイティブの人たちも英語学習を努力してきたとはいえ、英語学習で悩むポイントは日本人とは違います。
フィリピン人講師は英語学習のエリートとは言われますが、フィリピンの公用語・タガログ語と日本語は全く別物。

非ネイティブで同じく英語学習で悩んだ経験があるとはいえ、ベースが違うので悩むポイントは異なります。
やはり日本人どうしの方が英語の悩みにおいて深い共感ができます。

トラブルがあった場合も日本語で対応してくれるのは嬉しいですね。

英語学習を諦めたことがある人

スピークバディ パーソナル・コーチングは過去に英語学習を諦めたことがある人に向いています。
独学や英会話スクールに入学して挫折した人は多いはず。

英語学習で一番大切なものは「継続」です。
人はサボってしまう生き物なので、独学が続かないというのはよくある話しです。

自習が必要な英会話スクールに通っても、通学だけでは上達しません。
週に数回1時間程度のレッスンでは自習が必須。

英語習得にはおよそ2,000時間必要と言われています。
週に1回だけのスクール通いだと英語習得までに約41年必要です。
現実的ではありませんよね。

スピークバディ パーソナル・コーチングは毎日のサポートが充実しています。
コーチのサポートによるモチベーション維持や「サボれない」環境を作ることができます。

英語学習の始め方がわからない人

英会話の学習といっても、初心者の方は文法から入れば良いのか、聞くだけでいいのか迷いますよね。
スピークバディ パーソナル・コーチングは日本人コーチが英語の勉強方法を一からコーチングしてくれます。

初回の面談で英語のレベルをチェックし、受講生に合わせたカリキュラムを作成します。

入門コースでは語彙やスピーキングなど全カテゴリーを幅広く学びます。
英会話に必要な全てのスキルの向上をサポートしてくれるので、英語学習の始め方がわからない人におすすめです。

 スピークバディが合わない人

スピークバディ パーソナルコーチングが合わない人はこちらの人です。

  1. 人から教わりたい
  2. アプリ学習が苦手
  3. ネット環境が整っていない

順番に解説します。

人から教わりたい

スピークバディ パーソナル・コーチングはAIと会話をして英語を上達させるスタイルです。
よく使う定型文を用いて、それの派生型や似た表現を使うことで基礎や応用力を身につけます。

AIの技術は進歩してるとはいえ、突然のアドリブや場面に応じた言い回しは人間にしかできません。
会話の型を覚えるには良いですが、自然な会話をするなら人間が一番です。

アプリ学習が苦手な人

スピークバディ パーソナル・コーチングは参考書を使ったり実店舗型に通う方いいと思う方には向いていません。

英語学習においてアプリの利用が多くなってきたとはいえ、参考書は必要。
メモ書きができるという利点は捨てがたいです。

アプリは便利ですが、メモを書いたり付箋を貼ったりすることができません。
実店舗型には直接会って話せるというメリットがあります。

ネット環境が整っていない人

スピークバディ パーソナルコーチングはインターネット環境が必須です。
なんらかの事情でインターネットが使いづらい環境にいる人にとっては不便なサービスです。

もしここまで読んで合わないなと感じたら、下記の記事を参考におすすめの英会話教室やコーチングスクールを探してみましょう。

あわせて読みたい記事

もっともおすすめする英会話教室・スクール 一人一人の目的に合わせたおすすめの英会話サービス 英会話を効率よく学習する方法 地域・最寄り駅別におすすめの英会話教室 英会話スクールの選び方 この記事[…]

おすすめ英会話スクールランキング
あわせて読みたい記事

TOEICのスコアアップを目指すなら、ひたむきな努力と計画的な学習が必要です。 TOEICの参考書や問題集は、弱点克服や過去問の分析など、多くのものが販売されていますが、独学でTOEICの勉強をすることは難しく、効率的ではありません。[…]

TOEIC対策の スクール・塾 徹底比較
あわせて読みたい記事

ビジネス英語はスクールなどを利用せず独学でも習得することは可能ですが、時間の無い社会人の方が効率良くビジネス英語を学ぶのなら、やはりビジネス英語に強い英会話教室・スクールに通うのが一番手っ取り早いです。 とはいえ、最近は英会話[…]

ハンドシェイクをするビジネスマン

スピークバディの料金情報

料金詳細
月額費用 61,600円(×3ヶ月で184,800円)
入会金 0円
返金保証 30日間全額返金保証

スピークバディのコーチングは1か月で6万円程度と他の英語コーチングスクールと比較すると圧倒的な安さを誇ります。

また、コーチングスクールでは入会金がかかることが当たり前です。通常大体5万円ほどの入会金がかかります。

しかしスピークバディならその入会金すらかかりません。

さらに、30日間のうちに「なんか違うな、、、」となったら全額返金もしてくれるので「とりあえずはじめてみるか」というノリでも問題ありません。

無料カウンセリング登録までの流れ

無料カウンセリング登録までの流れ

こちらではスピークバディ パーソナル・コーチングの無料カウンセリング登録までの流れを説明します。

 ①公式サイトから無料カウンセリングに申し込むをクリック

まずは以下のボタンから公式サイトへ!

トップ画面の右上か下部にある「無料カウンセリング」をクリック。

スピークバディのホームページ

 ②お客様情報を入力する

こちらの3点を入力します。

・氏名
・メールアドレス
・電話番号

スピークバディの無料カウンセリング登録

 ③日程調整をする

カウンセリンの日程候補が表示されますので、任意の日時を選択します。

無料カウンセリングの日程調整

 ④日程調整をする

最終の確定確認画面が表示されますので、「予約確定」をクリック。

予約確認

 ⑤LINEの登録をする

これで予約完了です。
当日のZOOMのURLが送られてくるのでLINEの友達登録をします。

スピークバディの口コミ・評判のまとめ

スピークバディの口コミ・評判まとめ

スピークバディ パーソナルコーチングには英会話学習者が継続できる仕組みがあります。
英会話学習を途中で断念したり、全く経験がない人でも継続して英会話の勉強をできる仕組みが整っています。

スピークバディ パーソナル・コーチングは無料カウンセリングを受け付けています。

無料カウンセリングを受けても契約しなければ費用は発生しません。
気になっている人はぜひカウンセリングを受けてみてください。

あわせて読みたい記事

英語学習アプリ「スタディサプリENGLISH」は、AppleStoreの教育アプリランキングでも1位になったほどの人気を誇る、今最も注目を集めている英会話学習サービスです。 しかし、実際に使ったことがない方からしてみたら「ただのアプリ[…]

スタディサプリENGLISH

 

スクールランキング2022

元英会話教室スタッフで、これまでに30校以上の英会話教室・スクールに足を運んだ筆者が、厳選して選び抜いた英会話スクールをやらせ抜きのランキングでまとめてみました。スクール選びで迷った際はぜひ参考にしてみてください。